鶴ヶ城(会津若松城・黒川城)

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)会津若松市・観光>鶴ヶ城(会津若松城・黒川城)

概要・歴史・観光・見所
鶴ヶ城(会津若松城)概要: 鶴ヶ城は当初は黒川城と称し至徳元年(1384)に芦名直盛が鶴ヶ城最初に築城したと言われています。芦名家は南奥羽を制する大大名に成長しますが戦国末期になると次第に陰りが見え始め天正12年(1584)に芦名盛隆が家臣である大庭三左衛門に暗殺されるとさらに混乱を招きます。さらに、跡を継いだ亀若丸(亀王丸)は幼少で天正14年(1586)に僅か3歳で死去、混乱に混乱を重ね結果的には佐竹義重の次男佐竹義広を当主として迎えました。しかし、家臣団は伊達派、佐竹派に別れ団結力に欠け、天正17年(1589)に伊達政宗との摺上原合戦で敗れると義広は実家である佐竹氏家頼り江戸崎(茨城県・稲敷市)へ落ち延びていきます。政宗は居城を米沢城(山形県・米沢市)から黒川城に移し整備を進めますが、天正18年(1590)豊臣秀吉によって行われた小田原攻めに遅参したことで岩出山城(宮城県・大崎市)に移され、黒川城には蒲生氏郷が伊勢松坂から入城します。

蒲生氏郷は織田信長の娘冬姫を貰い受けた名門で、豊臣秀吉に臣従し数々の功をたてた事で42万石(後92万石)の大名に取り立てられ、奥州伊達家と関東の徳川家康の抑えとして配されました。氏郷は黒川城を鶴ヶ城と名前を改め、七重の天守閣を築くなど大改修しますが文禄4年(1595)氏郷が死去すると嫡男蒲生秀行が幼少で家中に不穏な動き(蒲生騒動)があったとして慶長3年(1598)宇都宮城(栃木県・宇都宮市)移され18万石に減封されます。鶴ヶ城には上杉景勝が春日山城(新潟県・上越市)から120万石で入封し引き続き、伊達政宗、徳川家康の牽制役として重きをなします。同年、秀吉が死去すると、家康は突如法令違反である有力大名同士の血縁関係を次々に結ぶなど不穏な動きを見せた為、石田三成と懇意だった上杉家の執政直江兼続と図り鶴ヶ城の改修と新城となる神指城の築城が進められました。この動きにより家康は大軍を率いて小山まで進軍しましたが、京都での三成の挙兵を聞き急ぎ兵を引き返し関が原の戦いに挑みました。

結果的に関ヶ原で西軍は大敗し景勝は米沢30万石で移封となり、蒲生秀行が再び60万石鶴ヶ城に加増され鶴ヶ城へ移ります。2代後蒲生氏が廃絶すると加藤嘉明が寛永4年(1627)が藩主になり嫡男の明成の代に大幅な城郭の整備を行い現在に近い形になりました。その後加藤氏はお家騒動により領地が取り上げられ寛永20年(1643)に保科正之が山形城(山形県山形市)から23万石へ加増され会津藩主となり明治維新まで保科(松平)家が続きます。戊辰戦争時には白石城(宮城県白石市)で調印された奥羽越列藩同盟に参加したことで新政府軍と対立、約一ヶ月の間篭城しますが明治元年(1868)9月22日に降伏し明治7年(1874)に鶴ヶ城は廃城となりました。又、鶴ヶ城の唯一の現存遺構として御三階阿弥陀寺に移築されています。鶴ヶ城は昭和9年(1934)に国指定史跡に指定され(平成5年(1993)に「甲賀町口門跡」、「天寧寺町土塁」、「三の丸堀跡」の三ヶ所が追加指定されています)、平成18年(2006)に日本100名城に、平成2年(1990)に「鶴ヶ城公園」として日本さくら名所100選に選定されています。

鶴ヶ城:写真

鶴ヶ城:天守閣
[ 付近地図: 福島県会津若松市 ]・[ 会津若松市:歴史・観光・見所 ]
外堀 内堀 廊下橋 枡形 鉄門 干飯櫓
表御座跡 枡形 本丸土塁 大手門跡 本丸 御三階跡
麟閣 天守閣・走長屋 内堀 鶴ヶ城(会津若松城) 鶴ヶ城(会津若松城) 鶴ヶ城(会津若松城)
鶴ヶ城(会津若松城) 鶴ヶ城(会津若松城) 鶴ヶ城(会津若松城) 鶴ヶ城(会津若松城) 鶴ヶ城(会津若松城) 鶴ヶ城(会津若松城)
鶴ヶ城(会津若松城) 鶴ヶ城(会津若松城) 鶴ヶ城(会津若松城) 鶴ヶ城(会津若松城) 鶴ヶ城(会津若松城) 鶴ヶ城(会津若松城)
鶴ヶ城(会津若松城) 鶴ヶ城(会津若松城) 鶴ヶ城(会津若松城) 鶴ヶ城(会津若松城) 鶴ヶ城(会津若松城) 鶴ヶ城(会津若松城)

鶴ヶ城:周辺・見所
旧第四銀行会津支店 旧會陽医院
福西本店 八葉寺
妙国寺 勝常寺
東山温泉 神禧堂薬館
満田屋 大町ガス燈
花と陶器・永山 蚕養国神社
塚原商店 金剛寺
渋川問屋 旧会津実業信用組合
白木屋漆器店 黒川城(会津若松城)
会津若松市役所 末廣酒造嘉永蔵
鈴木屋利兵衛 竹細工・竹藤
旧滝沢本陣 鈴善漆器問屋
塚原呉服店 延命寺地蔵堂
阿弥陀寺(鶴ヶ城・御三階)
旧郡山商業銀行若松支店(四つ角大正館)
飯盛山 さざえ堂(飯盛山)
東山温泉 芦ノ牧温泉
延命寺 下荒井観音(蓮華寺)
館薬師堂 平沢観音(国姓寺)
野寺薬師(慈光寺) 舘観音堂(観音寺)
御山観音(照谷寺) 高瀬観音(福昌寺)
中ノ明観音(密蔵院) 石塚観音(蓮台寺)
滝沢観音(滝沢寺) 田村山観音(養泉院)
宝積寺 本光寺
善龍寺 融通寺
両堂不動尊 甲賀町口門(鶴ヶ城)
天寧寺町土塁(鶴ヶ城)
滝沢不動滝 蒲生秀行廟
興徳寺 暦応の碑
皆鶴姫の碑群 葦名家花見ヶ森廟
小田山 小田山城
丹羽能教の墓 田中玄宰の墓
西軍砲陣跡 日新館天文台跡
内藤邸跡 西郷頼母邸跡
直江兼続邸跡・山鹿素行生誕地
西軍墓地 高瀬の大木
神指城 御薬園
大塚山古墳

福島県の城郭
鶴ヶ城 磐城平城
白川城 小峰城(白河城)
中村城 小高城
棚倉城 塙代官所
須賀川城 保土原館
三春城(舞鶴城) 小野篁館
福島城 大森城
大鳥城 谷地小屋要害
二本松城 桑折西山城
梁川城 保原陣屋
鴫山城 田島陣屋
猪苗代城 向羽黒山城

福島県:観光・見所
白水阿弥陀堂 さざえ堂
八葉寺 新宮熊野神社
天鏡閣 恵隆寺
勝常寺 円蔵寺
旭田寺 大内宿
檜枝岐の舞台 高蔵寺
涼ヶ岡八幡神社 隠津島神社
前沢集落 塔のへつり
鶴ヶ城 白河の関
観音沼 猪苗代湖
飯盛山 恵日寺
飯坂温泉 小峰城
松川浦 開成山大神宮


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。