猪苗代湖: 土津神社

   福島県:歴史・観光・見所(ホーム)猪苗代湖>土津神社

土津神社
土津神社
[ 付近地図: 福島県猪苗代町 ]・[ 猪苗代湖:歴史・観光・見所 ]・[ 福島県:寺院 ]
土津神社 土津神社 土津神社 土津神社
概要・歴史・観光・見所
土津神社(猪苗代湖)概要: 土津神社土津神社は会津藩初代藩主保科正之が「我死せば磐椅神社の末社となりて永く奉仕せん」と遺言により自らの埋葬地を猪苗代湖が一望できる磐梯山麓に決めていたことから翌寛文12年(1672)に正之が死去すると二代藩主正経は遺言どおり神社の造営にあたりました。保科正之は神道に通じ吉川惟足をに師事し、ト部家神道を学び「土津」という霊号を与えられたことから、土津神社と名付けられました。初代藩主を祭る神社として歴代会津藩主から崇敬庇護され、社殿の造営や祭祀などは藩費から賄われ社運も隆盛しましたが、慶応4年(1868)の会津戦争の兵火により社殿の多くが焼失しています。敗戦により会津藩が廃藩となり斗南藩(青森県むつ市)に移封されると御神体も遷され明治4年(1871)に廃藩置県で斗南藩が廃藩になると多くの会津人達は故郷である会津に戻り御神体は磐椅神社に祀られました。明治7年(1874)に土津神社再建の機運が高まり明治13年(1880)に社殿が再建され御神体も遷されています。境内には社殿の他に亀石に乗った石造の顕彰碑(高さ5.45m日本最大とされる。)や保科正之公墳墓などがあり風致に満ちています(初代以外の藩主は会津若松市東山にある会津藩主松平家墓所にあります)。案内板によると「 会津藩祖・保科正之公を祀り、延宝3年(1675年)に造営された神社。その豪華絢爛な様式は日光東照宮にも比されたと言われています。惜しくも戊辰戦争の戦火に遭消失してしまいましたが、明治13年(1880年)に再建され現在に至っています。保科正之は、徳川二代将軍秀忠の子として慶長16年(1611年)に生まれ四代将軍家綱の後見役として20年間幕政の実権を握るとともに会津藩の好学・尚武の藩風を築いた名君と敬われています。 猪苗代町 」とあります。

土津神社の文化財
 ・ 太刀 銘吉房−国指定重要文化財
 ・ 会津藩主松平家墓所(保科正之墓所)−国指定史跡
 ・ 絹本著色土津神社霊神画像(9幅)−狩野探幽など狩野派−福島県指定文化財
 ・ 土津霊神之碑−山崎闇斎の撰−福島県指定文化財
 ・ 奥の院−福島県指定文化財
 ・ 太刀(銘陸奥大掾 三善長道)−福島県指定文化財
 ・ 太刀・刀(6口)−福島県指定文化財

福島県(ホーム)

 猪苗代湖・観光見所ナビ: 
徳一廟見弥不動尊不動院龍宝寺松平家墓域(御廟)磐梯神社磐椅神社観音寺恵日寺恵日寺(旧慧日寺跡)野口英世生家薬師堂
木ざしサクラ亀ヶ城(猪苗代城)旧高松宮翁島別邸天鏡閣小平潟天満宮土津神社馬頭観音被覆堂麓山神社乗丹坊墓塔トップ|
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県の町並みと歴史建築>猪苗代湖」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。