猪苗代湖: 磐椅神社

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)猪苗代湖>磐椅神社

概要・歴史・観光・見所
磐椅神社(猪苗代湖)概要: 磐椅神社は福島県耶麻郡猪苗代町字西峰に鎮座している神社で、磐梯山の山麓に位置し古来から信仰の対象になってきた由緒ある神社で周囲は鬱蒼とした巨木に囲まれ古社の雰囲気を持っています。案内板によると「 延喜式内社として格式の高い神社で、郡内一の大社であったといわれています。磐梯山の山岳信仰に由来し山上から遷座した大山祇神、埴山姫神を祭神として祀っていますが、この神々は民話に登場する足長、手長明神のことです。神社の名は、磐梯山の古名「磐椅山」(いわはしやま)に由来し、磐梯山信仰の長い歴史を今に伝えています。 猪苗代町 」とあります。

磐椅神社の創建は神功皇后摂政50年(250年)に勅命により武内宿禰が大山祇神と埴山姫命の分霊を磐梯山の山頂に勧請したのが始まりと伝えられています。磐梯山は古くから火山活動を繰り返していた事から古代人の素朴な自然崇拝の対象だった可能性が高く、その祭祀施設が前身だったかも知れません。磐椅神社は格式が高く平安時代の歴史書である文徳実録によると「陸奥国石椅神」として斉衝3年(856)に従四位下に列し、延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳に耶麻郡唯一の式内社として記載されました。歴代領主からも崇敬され元久2年(1202)には亀ヶ城(猪苗代城)の城主である三浦経連(猪苗代経連)から社領8千余町が寄進、承元元年(1207)には社殿を現在地に遷座再建しています。さらに一族と思われる三浦盛常が承久年間(1219〜1221年)に社領2千3百町を寄進しています。中世に入ると磐梯山修験などと神仏習合し社運も隆盛、境内は数々の壮麗な社殿が軒を連ねていましたが天正17年(1589)、伊達政宗が会津に侵攻した摺上原の戦いの兵火により多くの社殿、社宝、記録などが焼失し一時衰退します。江戸時代に入ると歴代会津藩主から崇敬庇護され特に初代会津藩主保科正之は神道に通じていた事もあり万治2年(1659)には当社に参拝し、寛文年中(1660〜1672年)に社殿を造営、「我死せば磐椅神社の末社となりて永く奉仕せん」と遺言を残しています。寛文12年(1673)に正之が没すると遺言に従い、磐椅神社の近くに正之の御霊を祭る土津神社が創建、境内背後には墳墓が建立されています(土津神社は磐椅神社の末社)。さらに会津藩は黒川諏方神社・伊佐須美神社・磐椅神社・蚕養国神社心清水八幡神社・西村八幡宮を会津大鎮守六社として指定し篤く庇護する対象としています。明治時代初頭に発令された神仏分離令を経て県社に列しています。

社宝である「磐椅神社彩色三十六歌仙」は江戸時代後期に会津出身の絵師大石義金三郎によって制作されたもので、縦約56cm、横約37cm、文化的が高い事から猪苗代町指定重要文化財に指定されています。拝殿は木造平屋建て、入母屋、銅瓦棒葺き、平入、桁行6間、正面1間向拝付き。本殿は三間社流造、銅板葺き。祭神:大山祇命、埴山姫命。相殿神:木花佐久夜毘賣命、磐長姫命、品陀和氣命、息長足姫命。

磐椅神社の文化財
・ 磐椅神社彩色三十六歌仙(36枚)-江戸時代-猪苗代町指定重要文化財
・ 鳥居杉-推定樹齢800年、樹高36m、幹周6.7m-猪苗代町指定天然記念物
・ 大鹿桜-会津五桜、推定樹齢800年-猪苗代町天然記念物・福島県緑の文化財

磐椅神社:写真

磐椅神社
[ 付近地図: 福島県猪苗代町 ]・[ 猪苗代湖:観光 ]・[ 福島県:神社 ]
磐椅神社 磐椅神社 磐椅神社 磐椅神社

スポンサーサイト

磐椅神社(猪苗代湖):周辺・見所
徳一廟 見弥不動尊
不動院龍宝寺 松平家墓域(御廟)
磐梯神社 磐椅神社
観音寺 恵日寺
恵日寺(旧慧日寺跡) 野口英世生家
薬師堂 木ざしサクラ
亀ヶ城(猪苗代城) 旧高松宮翁島別邸
天鏡閣 小平潟天満宮
土津神社 馬頭観音被覆堂
麓山神社 乗丹坊墓塔


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。