猪苗代湖: 見弥不動尊

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)猪苗代湖>見弥不動尊

概要・歴史・観光・見所
見弥不動尊(猪苗代湖)概要: 案内板によると「 吾妻山は修験者、役小角の開山(661〜674)で吾妻山麓、寺沢に白鳳寺を建てたのに始まると伝えられ、その後天安年中(857〜858)修験者義圓が吾妻山で百日の参籠修行満願の日、天空より「成就、成就・・・」の声を聞き、一宇を建て、吾妻山白鳳寺成就院と号した。(吾妻山略縁起) 天福年中(1233年頃)院地を顕元原寺沢より磐椅神社の側に移し、更に明徳2年(1391)中興隆智が院地を見弥の不動滝の下に移した。(新編会津風土記) 成就院はその後、慶長3年(1598)九軒町、寛永20年(1643)亀ヶ城稲荷神社、貞享4年(1687)堤町に移ったが、後廃寺となった。明徳から慶長までの207年間、見弥の不動滝は霊場として、多くの修験者、一般信仰者でにぎわった。・・・(後略) 猪苗代町史編集会 編集者 小坂橋助男 」とあります。本堂は木造平屋建て、入母屋、銅板葺き、平入、桁行3間、正面1間向拝付き。本尊:不動明王。

見弥不動尊:写真

見弥不動尊

スポンサーサイト

見弥不動尊(猪苗代湖):周辺・見所
徳一廟 見弥不動尊
不動院龍宝寺 松平家墓域(御廟)
磐梯神社 磐椅神社
観音寺 恵日寺
恵日寺(旧慧日寺跡) 野口英世生家
薬師堂 木ざしサクラ
亀ヶ城(猪苗代城) 旧高松宮翁島別邸
天鏡閣 小平潟天満宮
土津神社 馬頭観音被覆堂
麓山神社 乗丹坊墓塔


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。