大鳥城

   福島県:歴史・観光・見所(ホーム)福島市・観光>大鳥城
福島県の城郭
 ・ 鶴ヶ城
 ・ 磐城平城
 ・ 白川城
 ・ 小峰城(白河城)
 ・ 中村城
 ・ 小高城
 ・ 棚倉城
 ・ 塙代官所
 ・ 須賀川城
 ・ 保土原館
 ・ 三春城(舞鶴城)
 ・ 小野篁館
 ・ 福島城
 ・ 大森城
 ・ 大鳥城
 ・ 谷地小屋要害
 ・ 二本松城
 ・ 桑折西山城
 ・ 梁川城
 ・ 保原陣屋
 ・ 鴫山城
 ・ 田島陣屋
 ・ 猪苗代城
 ・ 向羽黒山城
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
大鳥城:歴史・観光・見所
大鳥城(福島市)概要: 大鳥城は中世に築城された山城(標高130m、東西1300m、南北500m)で、源義経に忠誠を尽くした佐藤氏の居城でした。義経が平泉(岩手県平泉町)から平家追討の兵を挙げてから佐藤継信、忠信の兄弟は家臣となり多くの戦に随行し功をあげています。特に継信は屋島の合戦で義経に放たれた矢を身を持ってかばった為戦死、忠信は頼朝の放った義経追討軍と戦い、自ら義経と名乗り敵を引き付け戦死したと伝えられています。父である佐藤基治、長男前信も大鳥城や石那坂で頼朝軍を迎え撃ちますが敗戦を重ね文治5年(1189)に落城しています。山頂付近の本丸を中心に一ノ砦、二ノ砦、三ノ砦、四ノ砦とあったようで現在でもそれらの郭の形状や「明池の跡(あけち=空地:本丸前にあり武者溜のような空間)」、「矢庫の跡(武器等の貯蔵庫、面積375坪)」、「土塁の跡」、「空堀の跡(高さ約10m、幅約5m)」、「西水の手」などの遺構が散在しています。本丸跡には当時大森城の鎮守社であった大鳥神社の小祠や大鳥城誌が刻まれた石碑などがあり周辺は公園として整備されています。
大鳥城
大鳥城
[ 付近地図: 福島県福島市 ]・[ 飯坂温泉:歴史・観光・見所 ]
大鳥城 大鳥城 大鳥城 大鳥城
福島県(ホーム)

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。