福島市: 稲荷神社

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)福島市・観光>稲荷神社

概要・歴史・観光・見所
稲荷神社(福島市)概要: 稲荷神社は福島県福島市宮町に鎮座してる神社で、創建は平安時代の永延元年(987)に陰陽師安倍晴明が信夫明神の祠を建立し当地域の鎮守とした事が始まりと伝わっています。承安元年(1171)に晴明の孫の安倍清明が社殿を造営すると稲荷神社の名声も広がり、歴代領主の崇敬の対象となりました。江戸時代に入ると歴代福島藩(藩庁:福島城)の藩主から庇護され寛永元年(1624)には板倉重憲が社殿、元禄2年(1689)には堀田正仲が本殿、元禄5年(1692)には拝殿、元文5年(1740)には板倉勝里が社殿をそれぞれ藩費で増加改築しています。明治35年(1902)に暴風により社殿が倒壊し昭和13年(1938)に再建されますが、拝殿は倒壊を免れ移築され絵馬殿となっています。絵馬殿(旧拝殿:入母屋、銅板葺、平入、桁行5間、梁間2間)は元禄5年(1692)に福島藩主堀田正仲によって造営されたものと推定される建物で、福島市を代表する古建築として貴重な存在となっています。元禄8年(1695)に福島藩主堀田正虎が寄進した絵馬「御能之図」が貴重な事から名称「福島藩主歴代奉納絵馬」として福島市指定文化財に指定されています。祭神は豊受比売命、配神は大國主命、事代主命。

稲荷神社:写真

稲荷神社
[ 付近地図:福島県福島市 ]・[ 福島市:観光 ]・[ 福島県:神社 ]
稲荷神社 稲荷神社 稲荷神社 稲荷神社

スポンサーサイト

稲荷神社(福島市):周辺・見所
大蔵寺 福島教会
月山神社 護国神社
羽黒神社 稲荷神社
板倉神社 岩谷観音
常光寺 鹿島神社
鹿島神社 城山古墳
康善寺 黒沼神社
満願寺 御倉邸
大森城 湯殿山神社
真浄院 福島城
福島市写真美術館 ノートルダム修道院
宝塔 陽泉寺
日本基督教団福島新町教会
飯坂温泉 土湯温泉
高湯温泉 磐梯・吾妻


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。