向羽黒山城

   福島県:歴史・観光・見所(ホーム)会津美里町・観光>向羽黒山城
福島県の城郭
 ・ 鶴ヶ城
 ・ 磐城平城
 ・ 白川城
 ・ 小峰城(白河城)
 ・ 中村城
 ・ 小高城
 ・ 棚倉城
 ・ 塙代官所
 ・ 須賀川城
 ・ 保土原館
 ・ 三春城(舞鶴城)
 ・ 小野篁館
 ・ 福島城
 ・ 大森城
 ・ 大鳥城
 ・ 谷地小屋要害
 ・ 二本松城
 ・ 桑折西山城
 ・ 梁川城
 ・ 保原陣屋
 ・ 鴫山城
 ・ 田島陣屋
 ・ 猪苗代城
 ・ 向羽黒山城
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
向羽黒山城:歴史・観光・見所
向羽黒山城(会津美里町)概要: 向羽黒山城は案内板によると「 戦国時代に伊達氏と並び称された芦名氏が築いた東北地方最大級の山城跡で、当時の政治・文化・社会を考える上でも貴重な遺構です。十六代芦名盛氏は黒川城(現若松城)を居城としながらも、本格的な山城として、1561年(永禄4年)、ここ岩崎山(向羽黒山)に築城を始め、八年の歳月を費やし1568年(永禄11年)完成させました。芦名氏滅亡後も伊達氏、蒲生氏、上杉氏の武将達の攻撃的城としての機能が続き、関ヶ原の合戦後1600年(慶長5年)廃城となりました。城跡の遺構として来る曲輪・虎口・土塁・切堀・石垣等々、中世城郭を知る貴重な姿が極めて良好な状況で残っています。 会津美里町教育委員会 」とあります。向羽黒山城は標高408mの岩崎山全域に築かれた中世の山城で東西約1.4キロ、南北約1.5キロ、山頂付近に設けられた一曲輪(本丸)を中心に二曲輪(二の丸)、三曲輪(三の丸)、弁天曲輪、水手曲輪、御茶屋場、北曲輪(盛氏屋敷)と主要な郭があり、要所には虎口、石垣、堀切、土塁、竪堀などが配され一大要塞化されました。向羽黒山城は平成13年(2001)に国指定史跡に指定されています。
  スポンサーリンク
 
向羽黒山城
向羽黒山城
[ 付近地図: 福島県大沼郡会津美里町 ]・[ 会津美里町 ]
向羽黒山城 向羽黒山城 向羽黒山城 向羽黒山城
向羽黒山城 向羽黒山城 向羽黒山城 向羽黒山城
福島県(ホーム)

 福島県会津美里町町並み・歴史建築見所ナビ: 
伊佐須美神社熊野神社向羽黒山城弘安寺左下観音堂常福院福生寺法用寺龍興寺トップ|
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。