会津美里町: 弘安寺(中田観音)

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)会津美里町・観光>弘安寺(中田観音)

概要・歴史・観光・見所
弘安寺(中田観音)概要: 普門山弘安寺は福島県大沼郡会津美里町米田字堂ノ後甲に境内を構えている曹洞宗の寺院です。案内板によると「 文永11年(1274)長者江川常俊が娘の菩提を弔うために十一面観世音菩薩立像を鋳造し愛娘の心が宿るここ中田の里に納めたといわれる。次いで弘安2年(1279)富塚伊賀守盛勝公が伽藍を造営し普門山圓通閣と称した。その後普門山弘安寺と改名され、観音堂におさめられて現在に至る。 会津美里町教育委員会 」とあります。

弘安寺(中田観音)に伝わる伝説によると、鎌倉時代、当地の実力者だった江川常俊(江川長者)は富と名声を得たものの、子宝に恵まれず毎日法用寺(福島県大沼郡会津美里町雀林)に子宝祈願を行っていました。暫くすると念願成就し可愛らしい女児を授かり、常姫と名付けられすくすくと美しい娘に成長しました。文永10年(1273)、法用寺の例祭に常姫が出かけると、偶然出会った当地の地頭である富塚伊賀守盛勝に一目惚れし、その恋煩いが原因で重篤となり帰らぬ人となりました。江川常俊は娘の菩提を慰める為に、十一面観世音菩薩立像(中田観音)を鋳造し寒川村の寺院に安置しようとしたところ、盛勝の屋敷が近い当地で運ぶ事が困難になりました。常俊は娘の願いと悟り文永11年(1274)に当地に観音堂を造営し本尊として納めました。弘安2年(1279)、その話を聞いた盛勝は下野国(現在の栃木県)出身の厳知和尚を招いて弘安寺を開山、正安元年(1299)に盛勝が亡くなると弘安寺の境内に葬られ戒名「弘安寺殿玄翁宗頓居士」が授けられたと伝えられています。

江戸時代に入ると会津藩主の祈願所として庇護され野口英世の母シカが毎月参拝に訪れた事でも知られています。又、保管庫には弘安寺旧観音堂厨子(弁天堂)が安置されて異彩を放っています。旧観音堂厨子(一間社、切妻造、木端葺、会津地方最古級の厨子)は寛永19年(1642)〜慶安元年(1646)に観音堂が修復工事中に堂外に出され弁天堂になったとされる古建築物で昭和35年(1960)に国指定重要文化財に指定されています。本尊 十一面観世音菩薩立像(文永11年:1274年制作、金銅仏、像高187センチ)、脇侍 不動明王立像(金銅仏、像高95.1センチ)、脇侍 地蔵菩薩立像(金銅仏、像高93.9センチ)は鎌倉時代の金銅仏で制作年が明確、意匠に優れ、保存状態が良い事から大変貴重な存在で、昭和25年(1950)に国重要文化財に指定(旧国宝)されています。観音堂は二重入母屋造、銅板葺、平入、正面唐破風向拝付き。山門は寄棟、桟瓦葺き、三間一戸、八脚単層門。会津三十三観音霊場第30番札所(札所本尊:十一面観音・御詠歌:巡り来て四方の千里を眺むればこれぞ会津の中田なるらん)。会津ころり三観音(中田観音・立木観音・鳥追観音)。会津六詣出大山祇神社伊佐須美神社弘安寺:中田観音恵隆寺:立木観音福満虚空藏尊圓藏寺如法寺:鳥追観音)。会津十二薬師霊場第9番札所(札所本尊:中田薬師如来)。山号:普門山。宗派:曹洞宗。本尊:十一面観音。

弘安寺(中田観音):写真

弘安寺(中田観音)
[ 付近地図: 福島県大沼郡会津美里町 ]・[ 会津美里町 ]
弘安寺(中田観音) 弘安寺(中田観音) 弘安寺(中田観音) 弘安寺(中田観音)

スポンサーサイト

中田観音(会津美里町):周辺・見所
伊佐須美神社 熊野神社
向羽黒山城 弘安寺
左下観音堂 常福院
福生寺 法用寺
龍興寺 会津薬師寺
高倉観音 大岩観音(仁王寺)
永井野観音堂 高田観音(天王寺)
田子薬師堂(常福院) 領家観音(常楽寺)
相川観音(自福寺) 関山観音(日輪寺)

福島県:観光・見所
白水阿弥陀堂 さざえ堂
八葉寺 新宮熊野神社
天鏡閣 恵隆寺
勝常寺 円蔵寺
旭田寺 大内宿
檜枝岐の舞台 高蔵寺
涼ヶ岡八幡神社 隠津島神社
前沢集落 塔のへつり
鶴ヶ城 白河の関
観音沼 猪苗代湖
飯盛山 恵日寺
飯坂温泉 小峰城
松川浦 開成山大神宮


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。