会津美里町: 伊佐須美神社

   福島県:歴史・観光・見所(ホーム)会津美里町・観光>伊佐須美神社
福島県の見所
 ・ 白水阿弥陀堂
 ・ さざえ堂
 ・ 八葉寺
 ・ 新宮熊野神社
 ・ 天鏡閣
 ・ 恵隆寺
 ・ 勝常寺
 ・ 円蔵寺
 ・ 旭田寺
 ・ 大内宿
 ・ 檜枝岐の舞台
 ・ 高蔵寺
 ・ 涼ヶ岡八幡神社
 ・ 隠津島神社
 ・ 前沢集落
 ・ 塔のへつり
 ・ 鶴ヶ城
 ・ 白河の関
 ・ 観音沼
 ・ 猪苗代湖
 ・ 飯盛山
 ・ 恵日寺
 ・ 飯坂温泉
 ・ 小峰城
 ・ いわき湯本温泉
 ・ 松川浦
 ・ 開成山大神宮
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
概要・歴史・観光・見所
伊佐須美神社(会津美里町)概要: 伊佐須美神社の創建は不明ですが、伝承によると崇神天皇10年(紀元前88年)、国土平定の為、大毘古命が北陸道を御子神である建沼河別命が東海道を北上し当地域で合流した事から相津(会津)という地名が起こったとされ、2神は国家安寧の為、会津高原の天津嶽(標高:1386m)の山頂に伊弉諾尊、伊弉冉尊の分霊を勧請して祀ったのが始まりと伝えられています。その後、博士山(標高:1482m)、明神ヶ岳(標高:1074m)と移転を繰り返し、欽明天皇13年(552)に高田南原の地に遷り、同21年(560)に現在地に遷座し大毘古命、建沼河別命を合祀しています。伊佐須美神社は格式も高く、承和10年(843)に従五位下に列し、延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳では名神大社に記されるなど古くから信仰の対象となり会津総鎮守(会津郡と耶麻郡で式内社は伊佐須美神社と蚕養国神社磐椅神社の3社、格式の高い名神大社は伊佐須美神社だけだった為、会津総鎮守とされた)、奥州二宮、岩代一宮にもなっています。歴代領主からも崇敬され室町時代後期に芦名盛安(高田城主)から寄進された金色の神輿は国重要文化財に指定されている他、永正11年(1514)に芦名盛舜(芦名家第15代当主)が社殿を再建し社領300貫文が安堵されています。天正年間(1573〜1593年)伊達政宗の会津侵攻により庇護者であった芦名家が常陸に逃れた事で一時衰退しましたが奥州仕置きで伊達家が岩出山(宮城県大崎市岩出山町)に移封されると豊臣秀吉から社領が認められ再興しています。江戸時代に入ると伊佐須美神社は会津藩の保科家(松平家)の崇敬社として、会津大鎮守六社に指定され寛政4年(1792)に社殿を再建されているをはじめ数多くの社宝が寄進され社領30石が安堵されています。明治6年(1873)には国幣中社に列しています。御田植祭は日本三大田植祭に数えられ催馬楽、獅子追い、田植人形、など古来から伝わるもので福島県最古の形式を伝えているそうです。神門(神社山門)は入母屋、銅板葺、三間一戸、八脚楼門。拝殿は入母屋、銅板葺、平入、正面3間向拝付。本殿は三間社流造、銅板葺。祭神:伊弉諾尊、伊弉冉尊、大毘古命、建沼河別命。

伊佐須美神社の文化財
 ・ 朱漆金銅装神輿−室町時代後期−国指定重要文化財
 ・ 会津の御田植祭−国選択無形民俗文化財
 ・ 木造狛犬一対−南北朝−高さ97cm、寄木造、漆仕上げ−福島県重要文化財
 ・ フジ(別称:飛竜のフジ・登竜のフジ・瑞木のフジ)−福島県指定天然記念物
 ・ 伊佐須美神社の田植神事−福島県指定無形民俗文化財
 ・ 黄金扉−室町−縦161.8cm、横55cm、厚3.8cm−会津美里町指定文化財
 ・ 古代扉−室町−縦173cm、横49.5cm、厚6cm−会津美里町指定文化財
 ・ 鉄華表−明応元年−全長193cm、円筒周196cm−会津美里町指定文化財
 ・ 日本紀竟宴和歌−江戸時代−全長5.5m−会津美里町指定文化財
 ・ 太々神楽−会津美里町指定無形民俗文化財
 ・ 伊佐須美神社奥宮の地−会津美里町指定史跡
 ・ 薄墨桜−推定樹齢800年−会津美里町指定天然記念物(福島県緑の文化財)
 ・ 伊佐須美神社社叢−会津美里町指定天然記念物(福島県緑の文化財)


伊佐須美神社
伊佐須美神社
[ 付近地図: 福島県大沼郡会津美里町 ]・[ 会津美里町:歴史・観光・見所 ]
伊佐須美神社 伊佐須美神社 伊佐須美神社 伊佐須美神社
伊佐須美神社 伊佐須美神社 伊佐須美神社 伊佐須美神社
住宅設計案内

 福島県会津美里町町並み・歴史建築見所ナビ: 
伊佐須美神社熊野神社向羽黒山城弘安寺左下観音堂常福院福生寺法用寺龍興寺トップ|
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県の町並みと歴史建築」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。