会津美里町: 法用寺

   福島県:歴史・観光・見所(ホーム)会津美里町・観光>法用寺
福島県の見所
 ・ 白水阿弥陀堂
 ・ さざえ堂
 ・ 八葉寺
 ・ 新宮熊野神社
 ・ 天鏡閣
 ・ 恵隆寺
 ・ 勝常寺
 ・ 円蔵寺
 ・ 旭田寺
 ・ 大内宿
 ・ 檜枝岐の舞台
 ・ 高蔵寺
 ・ 涼ヶ岡八幡神社
 ・ 隠津島神社
 ・ 前沢集落
 ・ 塔のへつり
 ・ 鶴ヶ城
 ・ 白河の関
 ・ 観音沼
 ・ 猪苗代湖
 ・ 飯盛山
 ・ 恵日寺
 ・ 飯坂温泉
 ・ 小峰城
 ・ いわき湯本温泉
 ・ 松川浦
 ・ 開成山大神宮
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
法用寺・歴史・観光・見所
法用寺(会津美里町)概要: 法用寺(会津美里町)法用寺の創建は養老4年(720)に徳道和尚が開山し、大同3年(808)に徳一大師が再建したと言われています。会津地方の天台宗の中心的立場の古刹で大きな影響力を持ちました。現在残っている建築も、本堂(宝形造、銅板葺、桁行6間、梁間4間、正面向拝付)内にある厨子は鎌倉時代、正面の仁王門(寄棟、銅板葺、単層門、三間一戸、八脚門)は室町時代、三重塔(三層宝形造、銅板葺、桁行3間、梁間3間、高さ約19m)は江戸時代など古いものが多く境内には古社の雰囲気に満ちています。会津三十三観音霊場の第29番札所。又、伝承によると、徳一大師が法用寺再建に尽力していた際、ある時、虎の尾桜の下で眠りこけると霊夢に弁財天の化身が立ち、目覚めると石があったので弁天石と名付けたとされ、抱きつくと安産、子授けに御利益があるとして信仰されました。
  スポンサーリンク
 

法用寺の文化財
・ 金剛力士立像−平安中期、阿形:像高224cm、吽形:216cm−国指定重要文化財
・ 虎の尾桜−会津五桜、推定樹齢200年−会津美里町指定天然記念物
・ 木造得道上人坐像−鎌倉末期、寄木造、像高87.5cm−福島県指定重要文化財
・ 木造十一面観音立像(2躯)−平安時代、桂材・欅材−福島県指定重要文化財
・ 法用寺本堂内厨子及仏壇−正和3年(1314)、三間厨子−国指定重要文化財
・ 銅鐘−文明6年、総高104.53cm、口径75.75cm−福島県指定重要文化財
・ 十一面観音板木−応永4年、縦62.3cm、横30cm−福島県指定重要文化財
・ 法用寺三重塔−安永9年、3層宝形造、方三間−福島県指定重要文化財
・ 御氷餅搗跡−会津美里町指定史跡


法用寺
法用寺
[ 付近地図: 福島県大沼郡会津美里町 ]・[ 会津美里町 ]
法用寺 法用寺 法用寺 法用寺
法用寺 法用寺 法用寺 法用寺
法用寺 法用寺 法用寺 法用寺
住宅設計案内

 福島県会津美里町町並み・歴史建築見所ナビ: 
伊佐須美神社熊野神社向羽黒山城弘安寺左下観音堂常福院福生寺法用寺龍興寺トップ|
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県の町並みと歴史建築」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。