会津坂下町: 恵隆寺(立木観音)

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)会津坂下町・観光>恵隆寺(立木観音)

概要・歴史・観光・見所
恵隆寺(立木観音)概要: 立木観音の別当である金塔山恵隆寺は福島県河沼郡会津坂下町大字塔寺字松原に境内を構えている真言宗豊山派の寺院です。恵隆寺立木観音)の創建は欽明天皇元年(540)に中国の高僧青岩が高寺山を訪れ開山したのが始まりとされます。その後、大同3年(808)に霊夢によってこ恵隆寺を訪れた弘法大師空海(又は徳一大師)が坂上田村麻呂(征夷大将軍、鎮守府将軍)の庇護を得て再興、又は創建し、その際、巨大な大木を立ち木(木が根付いたまま)に枝葉を払い落とし一本彫りで「十一面千手観音菩薩像(総高さ8.5mと日本最大級で足元には現在でも根株を見ることが出来る。)」を彫刻したとの伝説から「立木観音」と呼ばれています。当初は高寺と号し、高寺山山頂中心に七堂伽藍が建ち、周囲には36坊の支院が囲み数千人の僧侶がいたとされ寺運が隆盛していましたが、巨大な支配力を持った為、同じく会津地方で大きな勢力を持った慧日寺と対立し、その抗争から多くの堂宇が焼失、建久元年(1190)には山頂から現在地に伽藍を移しています。

36坊は廃寺になったものが多いものの、後継を伝える寺院もあり高寺下ろしと呼ばれる古仏像も会津坂下町を中心に複数伝えられています。恵隆寺はその高寺の後継寺院とされ、再興に後に建てられたのが現在の観音堂(木造平屋建て、寄棟、茅葺、平入、桁行5間、梁間4間、正面1間向拝付き、外壁は真壁造り板張り)の原形とされ慶長16年(1611)の会津地震での大打撃を受けると会津藩(藩庁:鶴ヶ城)の第2代藩主蒲生忠郷が再建に協力しています。その後も江戸時代中期、大正5年(1916)の修復を経て現在に至っています。恵隆寺の十一面千手観音菩薩像、観音堂は共に国指定重要文化財に指定されています。又、堂内には「だきつきの柱」があり柱に抱き着き願い事をすると成就することから立木観音は「だきつき観音」や「ころり観音」などと呼ばれています。山門は慶長16年(1611)の会津地震で倒壊後、慶長19年(1614)に再建されたもので、寄棟、銅板葺き、三間一戸、八脚単層門、左右には鎌倉時代末から南北朝時代に制作された金剛力士像、阿形像(像高261cm、ケヤキ材、一木造、会津坂下町指定文化財)、吽形像(像高261.2cm、ケヤキ材、一木造、会津坂下町指定文化財)が安置されています。

会津三十三観音霊場第31番札所(札所本尊:千手観音菩薩・御詠歌:遙るばると参りて拝む恵隆寺 いつも絶えせぬ松風の音)。会津ころり三観音(弘安寺:中田観音・恵隆寺:立木観音・如法寺:鳥追観音)。会津六詣出(大山祇神社伊佐須美神社弘安寺:中田観音・恵隆寺:立木観音・福満虚空藏尊圓藏寺如法寺:鳥追観音)。会津二十一地蔵霊場第15番札所(札所本尊:恵隆寺六地蔵尊※伝:康保元年:964年空也上人作)。山号:金塔山。宗派:真言宗豊山派。本尊:十一面千手観音菩薩。

恵隆寺(立木観音)の文化財
・ 観音堂−建久年間、寄棟、茅葺−国指定重要文化財
・ 木造千手観音立像−鎌倉初期、一木造、像高7.42m−国指定重要文化財
・ 木造二十八部衆立像(附:風神・雷神)−室町、30躯−福島県指定文化財
・ 木造薬師如来坐像−室町、像高96p、寄木造−会津坂下町指定文化財
・ 木造阿弥陀如来坐像(伝紅玻瑠阿弥陀)−鎌倉−会津坂下町指定文化財
・ 木造金剛力士立像(2躯)−鎌倉末〜南北朝−会津坂下町指定文化財

恵隆寺(立木観音):写真

恵隆寺(立木観音)
[ 付近地図: 福島県会津坂下町 ]・[ 会津坂下町:観光 ]・[ 福島県:寺院 ]
恵隆寺(立木観音) 恵隆寺(立木観音) 恵隆寺(立木観音) 恵隆寺(立木観音)
恵隆寺(立木観音) 恵隆寺(立木観音) 恵隆寺(立木観音) 恵隆寺(立木観音)

スポンサーサイト

恵隆寺(会津坂下町):周辺・見所
恵隆寺(立木観音) 旧五十嵐家住宅
光明寺 旧大法院
上宇内薬師堂 心清水八幡神社
諏訪神社 貴徳寺
西光寺(御池観音) 浄泉寺(青津観音)
満蔵寺(束原観音) 定徳寺
亀ケ森古墳 鎮守森古墳

福島県:観光・見所
白水阿弥陀堂 さざえ堂
八葉寺 新宮熊野神社
天鏡閣 恵隆寺
勝常寺 円蔵寺
旭田寺 大内宿
檜枝岐の舞台 高蔵寺
涼ヶ岡八幡神社 隠津島神社
前沢集落 塔のへつり
鶴ヶ城 白河の関
観音沼 猪苗代湖
飯盛山 恵日寺
飯坂温泉 小峰城
松川浦 開成山大神宮


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。