会津坂下町: 旧大法院薬師堂

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)会津坂下町・観光>旧大法院薬師堂

概要・歴史・観光・見所
旧大法院薬師堂(会津坂下町)概要: 旧大法院薬師堂は福島県河沼郡会津坂下町旧大法院薬師堂大字勝大字上ノ山に位置する御堂です。現在の薬師堂は江戸時代中期の安永年間(1772〜1781年)に再建された建物とされ宝形造り、銅板葺、桁行3間、梁間3間、正面1間向拝付、外壁は真壁造り板張り。室町時代の仏堂建築の形式を踏襲しているものされ、和様と禅宗様が混在する地方色の強い特色があり、向拝部分には細かな彫刻が施され、小規模ながら見所も多い建物といえます。又、代々法院をつとめた小林家は明治時代初頭に発令された神仏分離令とその後に吹き荒れた廃仏毀釈運動、明治5年(1872)に発令された修験禁止令後も仏具・法具(94点)、古文書(135点)など修験道関係の資料が伝わり昭和60年(1985)、薬師堂と共に会津坂下町指定文化財に指定されています。

旧大法院薬師堂:写真

旧大法院薬師堂
[ 付近地図: 福島県会津坂下町 ]・[ 会津坂下町 ]・[ 福島県:寺院 ]

スポンサーサイト

旧大法院薬師堂:周辺・見所
恵隆寺(立木観音) 旧五十嵐家住宅
光明寺 旧大法院
上宇内薬師堂 心清水八幡神社
諏訪神社 貴徳寺
西光寺(御池観音) 浄泉寺(青津観音)
満蔵寺(束原観音) 定徳寺
亀ケ森古墳 鎮守森古墳


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。