郡山市: 開成山大神宮

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)郡山市・観光>開成山大神宮

概要・歴史・観光・見所
開成山大神宮(郡山市)概要: 開成山大神宮は福島県郡山市開成3丁目開成山大神宮(郡山市)に鎮座している神社です。開成山大神宮の創建は明治9年(1876)、安積開拓完成を祈願して伊勢大神宮(三重県伊勢市)に祀られている天照大御神を分霊勧請したのが始まりとされます。当時、郡山一帯は荒涼たる原野でしたが、役人だった中条政恒が中心となり地域の豪商達を集め「開成社」という開墾会社を発足し開拓者の精神的拠り所として開成山大神宮が計画されました。明治12年(1879)には開墾の大きな要素となった安積疏水(猪苗代湖からの疏水工事)の起業式、明治15年(1882)には通水式が開成山大神宮で行われています(起業式は伊藤博文内務卿が斎主、松方正義大蔵大輔兼勧農局長、政府高官、県官、そ開成社社員が参列。通水式には岩倉具視右大臣、松方正義大蔵卿、西郷従道農商務卿が参列)。天照大御神を分霊勧請した神社の為、"東北のお伊勢さま"と称され、福島県では最多の年賀参拝者を数えるそうです。社殿も大きな神社山門を備え、拝殿、本殿も伊勢神宮を模したと思われる特異な形態で印象に残ります。

開成山大神宮が所有している社宝には「勝光(室町時代:刀匠勝光作・明治9年、開成山大神宮に伊勢神宮から御神宝として贈られたもの。)」と呼ばれる太刀と「国綱(桃山時代作・身丈25.1p・明治9年、開成山大神宮に伊勢神宮から御神宝として贈られたもの。)」と呼ばれる槍があり、貴重な事から昭和35年(1960)に郡山市指定重要文化財に指定されています。開成山大神宮は安積原野開拓に大きな役割を担った事から、平成28年(2016)に名称「未来を拓いた「一本の水路」−大久保利通"最期の夢"と開拓者の軌跡 郡山・猪苗代−」の構成文化財として日本遺産に登録されています。祭神は天照大御神、配祭神は豊受大神、神倭伊波禮彦命(神武天皇)。

開成山大神宮:写真

開成山大神宮
[ 付近地図: 福島県郡山市 ]・[ 郡山市:観光 ]・[ 福島県:神社 ]
開成山大神宮 開成山大神宮 開成山大神宮 開成山大神宮

スポンサーサイト

開成山大神宮(郡山市):周辺・見所
安積国造神社 旧福島県尋常中学校
東邦銀行 麓山公園
開成山大神宮 開成館
針生古墳 郡山市公会堂
光照寺 旧郡山尋常小学校
如寶寺 静御前堂
安積疎水事務所 田村神社
福島県郡山合同庁舎 善導寺
宇奈己呂和気神社 飯豊和気神社
磐梯熱海温泉 安積疎水麓山の飛瀑
日本聖公会郡山ペテロ聖パウロ教会


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。