郡山市: 如寶寺

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)郡山市・観光>如寶寺

概要・歴史・観光・見所
如寶寺(郡山市)概要: 高岳山如寶寺は福島県郡山市堂前町に境内を構えている真言宗豊山派の寺院です。如寶寺創建は平安時代初期の大同2年(807)に当地の領主である虎丸長者が平城天皇から賜った馬頭観音を安置し観音堂を建立したのが始まりとされます。さらに、虎丸長者は笹久根上人を招いて別当寺となる如寳寺を創建、大日如来を本尊としました。永承6年(1051)、俘囚長だった安部頼時が朝廷の圧政に耐えかねて反乱、所謂「前九年合戦」が発生すると虎丸長者は俘囚方(安倍方)に与した事から、当地まで進軍した源義家に攻められ滅ぼされたと伝えられています(如寶寺の創建年と前九年合戦は250年の開きがある事から、安達郡衙の長は代々虎丸長者を名乗ったのかも知れません)。

如寶寺は庇護者を失ったものの、その後も信仰は続けられ郡山市屈指の古刹として境内には多くの石碑が存在します。特に笠石塔婆と板石塔婆は東北最古の供養塔との理由から昭和11年(1936)に国重要文化財、切支丹墓碑が昭和33年(1958)に郡山市指定文化財にそれぞれ指定されています。又、境内にある銅鐘はいぼの代わりに梵字を用いた「いぼなし鐘」があり、昭和18年(1943)に国重要文化財(美術品)に指定されています。本堂に隣接する書院は明治17年(1884)に当時の太政大臣だった三条実美が東北に視察した際、白河に迎賓館として建てられた「陽春館」で、明治28年(1895)移築、木造2階建て、寄棟(玄関部分の入母屋)、瓦葺き、建築面積173u、「再現することが容易でないもの」との登録基準を満たしている事から平成10年(1998)に国登録有形文化財に登録されています。例祭の「七日堂まいり」は1月6日夜から7日にかけて行われ市内外から多くの人が集まり信仰の広さを感じます。山号:高岳山。宗派:真言宗豊山派。本尊:大日如来。

如宝寺の文化財
・ 石造笠塔婆-承元2年-高さ68p,幅59p,厚さ30p-国指定重要文化財
・ 板石塔婆-建治2年-高さ159p,幅68p,厚さ21p-国指定重要文化財
・ 銅鐘-文化3年-いぼなし鐘,高さ112p,口径83.5p-国認定重要美術品
・ 書院(陽春館)-明治17年-木造2階建-国登録有形文化財
・ 鈴木信教墓-凝灰岩、高さ約3.3m-福島県指定史跡
・ 板石塔婆-建保7年-ニワトリ石-郡山市指定文化財
・ 切支丹墓碑-元禄7年-凝灰岩,高さ103.8p-郡山市指定文化財

如寶寺:写真

如寶寺
[ 付近地図: 福島県郡山市 ]・[ 郡山市:観光 ]・[ 福島県:寺院 ]
如寶寺 如寶寺 如寶寺 如寶寺
如寶寺 如寶寺 如寶寺 如寶寺

スポンサーサイト

如寶寺(郡山市):周辺・見所
安積国造神社 旧福島県尋常中学校
東邦銀行 麓山公園
開成山大神宮 開成館
針生古墳 郡山市公会堂
光照寺 旧郡山尋常小学校
如寶寺 静御前堂
安積疎水事務所 田村神社
福島県郡山合同庁舎 善導寺
宇奈己呂和気神社 飯豊和気神社
磐梯熱海温泉 安積疎水麓山の飛瀑
日本聖公会郡山ペテロ聖パウロ教会


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。