郡山市: 田村神社

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)郡山市・観光>田村神社

概要・歴史・観光・見所
田村神社(郡山市)概要: 田村神社は福島県郡山市田村町山中字本郷に鎮座している神社で、創建は平安時代初期の大同年間(806〜810年)に坂上田村麻呂が建立したと伝えられています。広く信仰があったようで元禄2年(1689)4月29日には松尾芭蕉が奥の細道行脚の際当社を訪れ様々な社宝を見学しています。元々神仏混合していて大元師明王と称していましたが明治初頭に発令された神仏分離令により社号を田村神社と改称しています。その為、本殿内部には内陣、外陣を備える仏閣建築を継承し、境内には寺院では仁王門にあたる神社山門を備えています。神社山門は仁王門の要素の門と、神楽殿として利用している長床の2門あり大変珍しい平面配置となっています。その他、境内には脇殿である熊野社は寛文元年(1661)に建てられたもので一間社春日造り、銅板葺き、八幡社は寛文2年(1662)に建てられたもので一間社流造、銅板葺、それぞれ江戸時代初期の神社本殿建築の遺構として貴重な事から昭和43年(1968)に郡山市指定重要文化財に指定されています。田村神社は古来から人々の信仰の対象となり様々な物が寄進され、多くの社宝があります。その中でも「鎮西八郎為朝図」、「算額」、「佃島南望之図」、「三国志三傑図」、「大江山図」、「神馬図額」、「繋馬図」が福島県や郡山市の文化財指定を受けています。さらに「算額」は安積開拓や安積疏水の土地測量・水量計算に大きく貢献した郡山出身の和算家達が田村神社に奉納した事から、平成28年(2016)に名称「未来を拓いた「一本の水路」−大久保利通"最期の夢"と開拓者の軌跡 郡山・猪苗代−」の構成文化財として日本遺産に登録されています。祭神:坂上田村麻呂。

田村神社厨子概要: 案内板によると「・・・(前略)厨子はこの堂の内陣正面の来迎柱を背にした須弥壇上に安置され、大元師明王を祀っている。方一間単層入母屋造、平入りの禅宗仏殿形式で比較的大きく、丸柱の上下に粽をつけているのをはじめ、工事は入念である。禅宗様の踏襲状況や扉のまわりの文様重視の絵様などからみて、桃山時代を下らない遺構と見られる。 福島県教育委員会 」とあります。田村神社厨子は昭和56年(1981)に福島県指定重要文化財に指定されています。

田村神社本殿概要: 案内板によると「 本殿は三間×三間の大きさで、まわりには高欄(手すり)の付いた縁がめぐっています。周囲の壁は盲格子と呼ばれる格子の付いた板壁と連子窓(断面が正方形または菱形の棒を縦または横に平行に和多く並べた窓)で構成され、屋根は入母屋づくりです。神聖な場所である内陣は一間×二間の広さがあり、天井は板を並べて張った水平な鏡天井で、外陣はこの内陣の三辺を一間の幅で囲んでおり、天井は水平な横木をあらく方眼状に組み、間に板を張った格天井です。内陣の奥の一間四方の段上には、福島県指定重要文化財である厨子が安置されています。この本殿は、少なくとも江戸時代初期の様式を備えております。・・・(後略) 郡山市教育委員会 」とあります。田村神社本殿は昭和43年(1968)に郡山市指定重要文化財に指定されています。

田村神社:写真

田村神社
[ 付近地図: 福島県郡山市 ]・[ 郡山市:観光 ]・[ 福島県:神社 ]
田村神社:鳥居 田村神社:参道 田村神社:神門 田村神社:神門
田村神社:本殿 田村神社:本殿 田村神社:熊野社 田村神社:八幡社

スポンサーサイト

田村神社(郡山市):周辺・見所
安積国造神社 旧福島県尋常中学校
東邦銀行 麓山公園
開成山大神宮 開成館
針生古墳 郡山市公会堂
光照寺 旧郡山尋常小学校
如寶寺 静御前堂
安積疎水事務所 田村神社
福島県郡山合同庁舎 善導寺
宇奈己呂和気神社 飯豊和気神社
磐梯熱海温泉 安積疎水麓山の飛瀑
日本聖公会郡山ペテロ聖パウロ教会


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。