西会津町: 如法寺(鳥追観音)

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)西会津町・観光>如法寺(鳥追観音)

概要・歴史・観光・見所
如法寺(鳥追観音)概要: 金剛山如法寺(鳥追観音)は福島県耶麻郡西会津町野沢如法寺乙に境内を構えている真言宗室生寺派の寺院です。如法寺(鳥追観音)の創建は平安時代初期の大同2年(807)に坂上田村麻呂(征夷大将軍、鎮守府将軍)が開基となり徳一和尚(奈良時代から平安時代前期にかけての法相宗の高僧)が開山したと伝わっています。本尊である鳥追観音は奈良時代の天平8年(736)、行基菩薩が巡錫の折り当地を訪れた際、鳥獣被害と子宝にも恵まれない農家を見て自ら彫り込んだ念持仏を与えると念願成就し豊作と多くの子宝に恵まれるようになったと伝えられています。何時しかこの仏像を「鳥追観音」と呼ぶようになり、その霊験から徳一和尚は如法寺の本尊として迎え入れ秘仏として祀られるようになりました。歴代領主からも帰依され室町時代には地頭である荒井氏、大槻氏、江戸時代には歴代会津藩(藩庁:鶴ヶ城)の藩主が庇護し、戊辰戦争の際は松平容保が戦勝祈願の為参拝に訪れています。古くから会津西方浄土の地として信仰を集め、会津三十三観音霊場番外別格総結願所、会津ころり三観音にもかぞえられています。

現在の如法寺観音堂は江戸時代初期の慶長16年(1611)に会津地震に倒壊した後、慶長18年(1613)に再建されたもので、木造平屋建て、入母屋、鉄板葺き、平入、桁行5間、張間5間、外壁は真壁造り板張り、東西2面に1間唐破風向拝を設えています。唐破風には動物や植物など縁起物の彫刻が細かく彫りこまれていて見ごたえのある建物となっています。特に「災難より隠れ猿」、「災難より逃れ猿」、「安楽に暮らし猿」の意味があるされる3匹の猿の彫刻は名工として知られた左甚五郎の作品とも云われています。又、西方浄土を表現する為に東西両方に向拝口を設け東方に配された仁王門から参道を通り鳥追観音を参拝し西口にある西方浄土に向って出るという演出がなされています。正面にある仁王門も観音堂同様に慶長16年(1611)に会津地震に倒壊した後、慶長18年(1613)に再建されたもので、入母屋、鉄板葺き、三間一戸、単層門、中世からの工法も随所に見られる貴重なもので左右には南北朝時代に制作された金剛力士像(右:阿形像:那羅延金剛・左:吽形像:密迹金剛)が安置されています。

会津三十三観音霊場番外別格総結願所(札所本尊:聖観世音菩薩・御詠歌:金剛き山の如きの法の寺 まこと大悲の浄土なるらん)。会津ころり三観音(弘安寺:中田観音・恵隆寺:立木観音・如法寺:鳥追観音)。会津六詣出大山祇神社伊佐須美神社弘安寺:中田観音恵隆寺:立木観音福満虚空藏尊圓藏寺・如法寺:鳥追観音)。山号:金剛山。宗派:真言宗室生寺派。本尊:聖観世音菩薩。

如法寺(鳥追観音)の文化財
・ 観音堂(附仁王門)−慶長18年−福島県指定重要文化財(建造物)
・ 木造聖観音立像−平安時代初期−福島県指定重要文化財(彫刻)
・ 木造不動明王立像−鎌倉時代初期−福島県指定重要文化財(彫刻)
・ 木造毘沙門天立像−鎌倉時代初期−福島県指定重要文化財(彫刻)
・ 木造金剛力士像(2躯)−南北朝時代−福島県指定天然記念物
・ コウヤマキ−推定樹齢1200年、樹高30m−福島県指定天然記念物
・ 鰐口−西会津町指定重要文化財(工芸品)
・ 観音堂高欄擬宝珠−西会津町指定重要文化財(工芸品)
・ 大般若経唐堰二個−西会津町指定重要文化財(工芸品)
・ 御正体銅造聖観音坐像懸仏−西会津町指定重要文化財(工芸品)
・ 享保の句碑−西会津町指定史跡

如法寺(鳥追観音):写真

如法寺(鳥追観音)
[ 付近地図: 福島県耶麻郡西会津町 ]・[ 西会津町 ]
如法寺(鳥追観音堂) 如法寺(鳥追観音) 如法寺(鳥追観音堂) 如法寺(鳥追観音)
如法寺(鳥追観音堂) 如法寺(鳥追観音) 如法寺(鳥追観音堂) 如法寺(鳥追観音)

スポンサーサイト

大山祇神社(西会津町):周辺・見所
西光寺 大山祇神社
如法寺(鳥追観音堂) 円満寺観音堂

福島県:観光・見所
白水阿弥陀堂 さざえ堂
八葉寺 新宮熊野神社
天鏡閣 恵隆寺
勝常寺 円蔵寺
旭田寺 大内宿
檜枝岐の舞台 高蔵寺
涼ヶ岡八幡神社 隠津島神社
前沢集落 塔のへつり
鶴ヶ城 白河の関
観音沼 猪苗代湖
飯盛山 恵日寺
飯坂温泉 小峰城
松川浦 開成山大神宮


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。