二本松市: 隠津島神社

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)二本松市・観光>隠津島神社

概要・歴史・観光・見所
隠津島神社(二本松市)概要: 隠津島神社は福島県二本松市木幡字治家に鎮座している神社で、創建は奈良時代の神護景雲3年(769)に安積国造の比止称命乃子丈部直継足が隠津島神社の分霊を勧請したことが始まりとされます。平安時代初期の大同元年(806)、平城天皇の勅願によって弁天堂が建立されたことで隠津島神社弁財天と呼ばれるようになりました。延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳に記載されている式内社の論社で、当社の他、福島県郡山市湖南町福良字福良山に鎮座している隠津島神社と、福島県郡山市喜久田町堀之内字宮に鎮座している隠津島神社がそれぞれ論社となっています。歴代領主や為政者から崇敬庇護され前九年の役の際には源頼義、義家父子が戦勝祈願に参拝に訪れ、文明14年(1482)には当時の領主源家博が、天正5年(1577)には大内義綱が社殿を造営しています。天正13年(1585)伊達政宗が隠津島神社を焼き討ちした事で天女の尊容一基の宝塔を残しほとんどの堂宇、社宝、記録などが焼失し一時衰退しましたが、江戸時代に入ると当初は会津藩(藩庁:鶴ヶ城)の藩主蒲生氏、その後は二本松藩(藩庁:二本松城)の藩主になった加藤氏、丹羽氏から崇敬され延宝2年(1674)に三重塔を改修、寛政6年(1794)に拝殿、寛政12年(1800)に本殿を再建しています。中世以降は神仏習合し、別当寺院だった治陸寺は木幡山を御神体とする修験道の拠点として寺運が隆盛し江戸時代には僧坊24坊を擁する大寺院となり周辺地域の天台宗の寺院に大きな影響力を与えました。明治初頭に発令された神仏分離令により別当だった治陸寺と分離し明治3年(1870)に厳島神社に改称、明治35年(1902)に旧社号である隠津島神社に復し明治40年(1907)に県社に列しました。三重塔は福島県指定重要文化財、本殿、拝殿、木幡山門神社(旧隠津島神社本殿)は二本松市(旧東和町)指定有形文化財、木幡の大杉は国指定天然記念物にそれぞれ指定されています。祭神は隠津島姫命、田心姫命、湍津姫命。

隠津島神社の文化財
・ 本殿−寛政12年−三間社流造−二本松市指定文化財
・ 拝殿−寛政6年−入母屋,桁行7間,梁間7間,唐破風向拝−二本松市指定
・ 木幡山門神社−寄棟、桁行3間、梁間3間−二本松市指定文化財
・ 隠津島神社境内全域−福島県指定名勝及び天然記念物
・ 木幡の大スギ−推定樹齢800年,樹高20m,幹周9.3m−国指定天然記念物
・ 木幡の幡祭り−国指定重要無形民俗文化財
・ 三重塔−文明4年−三層宝形造、高さ約20m−福島県指定文化財
・ 木幡山経塚群(6基)−12世紀
・ 銅鐘−明暦4年−総高130cm、重量1125kg
・ 元亨の板碑-阿弥陀如来,観音菩薩,勢至菩薩の梵字-二本松市指定
・ 天明為民の碑−二本松市指定文化財

隠津島神社:写真

隠津島神社
[ 付近地図: 福島県二本松市 ]・[ 二本松市:観光 ]・[ 福島県:神社 ]
隠津島神社 隠津島神社 隠津島神社 隠津島神社
隠津島神社 隠津島神社 隠津島神社 隠津島神社
隠津島神社 隠津島神社 隠津島神社 隠津島神社

スポンサーサイト

隠津島神社(二本松市):周辺・見所
大隣寺 円東寺
旧二本松藩戒石銘碑 満福寺
治陸寺 長谷観音堂
二本松神社 御菓子師玉嶋屋
隠津島神社 洗心亭
二本松城(霞ケ城) 二本柳宿
高国寺 智恵子生家
称念寺 岳温泉

福島県:観光・見所
白水阿弥陀堂 さざえ堂
八葉寺 新宮熊野神社
天鏡閣 恵隆寺
勝常寺 円蔵寺
旭田寺 大内宿
檜枝岐の舞台 高蔵寺
涼ヶ岡八幡神社 隠津島神社
前沢集落 塔のへつり
鶴ヶ城 白河の関
観音沼 猪苗代湖
飯盛山 恵日寺
飯坂温泉 小峰城
松川浦 開成山大神宮


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。