二本松市: 称念寺

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)二本松市・観光>称念寺

概要・歴史・観光・見所
称念寺(二本松市)概要: 二松山称念寺は福島県二本松市本町に境内を構えている時宗の寺院で、創建は文治元年(1185)に尊道和尚が開山したのが始まりとされます。元々は法相宗で松念寺と称していましたが弘安3年(1280)に奥州に来ていた一遍上人に時の住職が帰依した事で改宗開山し称念寺と寺号を変えています。当初は塩沢道場ヶ原にありましたが応永20年(1413)に畠山氏が霞ヶ城を築城すると代々の菩提寺となり城中腹に移されます。しかし、天正14年(1586)、畠山氏が伊達氏との戦いに敗れ霞ヶ城が落城すると称念寺もこの地を追われ、延宝3年(1675)に丹羽氏が領主となると城下町建設の為再び二本松城下である現在地に移されています。境内には畠山氏(二本松氏)累代の霊廟や「粟の須の戦」で戦死した家臣23人の墓碑、浮彫阿弥陀三尊来迎供養塔婆(鎌倉時代末期〜室町時代初期作、塔高約72.2cm、上幅39cm、下幅44cm、厚11cm、平成12年:2000年に二本松市指定有形文化財指定)などがあります。現在の称念寺本堂は昭和44年(1969)に再建されたもので、木造平屋建て、入母屋、桟瓦葺き、平入、桁行6間、正面1間向拝付き、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ。安達33観音霊場二十番札所(札所本尊:聖観世音)。山号:二松山。宗派:時宗。

称念寺:写真

称念寺
[ 付近地図: 福島県二本松市 ]・[ 二本松市:観光 ]・[ 福島県:寺院 ]
称念寺 称念寺 称念寺 称念寺

スポンサーサイト

称念寺(二本松市):周辺・見所
大隣寺 円東寺
旧二本松藩戒石銘碑 満福寺
治陸寺 長谷観音堂
二本松神社 御菓子師玉嶋屋
隠津島神社 洗心亭
二本松城(霞ケ城) 二本柳宿
高国寺 智恵子生家
称念寺 岳温泉


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。