西会津町: 円満寺観音堂

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)西会津町・観光>円満寺観音堂

概要・歴史・観光・見所
円満寺観音堂(西会津町)概要: 円満寺の創建は南北朝時代の延元元年(1336)、芦名盛員の後室である藤原氏が盛員と嫡男の高盛の菩提を弔う為、観音堂を修復したのが始まりだと伝えられています。円満寺は田崎隼人(丸山城主山内政家の家臣)によって貞和2年(1346)に沼沢から出ケ原村に移し観音堂の別当としましたが本堂などの堂宇は円満寺が衰退すると同時に廃れました。観音堂は信仰の対象となっていた為、長く守られ、天正7年(1579)に修復、慶長16年(1611)の会津地震によって倒壊しましたものの翌年には再建されました。地震後の再建時に当初入母屋屋根だったものを宝形造りに直したことが昭和45年(1970)の解体修復移築(当初は集落の中心にあった。)工事に判明した為、これを機に旧形状に復元されています。観音堂は木造平屋建て、入母屋、茅葺、桁行3間、梁間3間、外壁は真壁造り檜材素地、室町時代末期の仏堂建築の遺構として大変貴重なことから昭和38年(1963)に国指定重要文化財に指定されています。又、観音堂内部には明和3年(1657)に奉納された扁額、文政6年(1823)に奉納された鰐口が安置され、仏像一式は集会所に管理されています。

円満寺観音堂:写真

円満寺
[ 付近地図: 福島県耶麻郡西会津町 ]・[ 西会津町:観光 ]
円満寺観音堂 円満寺観音堂 円満寺観音堂 円満寺観音堂

スポンサーサイト

西光寺(西会津町):周辺・見所
西光寺 大山祇神社
如法寺(鳥追観音堂) 円満寺観音堂


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。