会津美里町: 左下観音堂

   福島県:歴史・観光・見所(ホーム)会津美里町・観光>左下観音堂

左下観音堂
左下観音堂
[ 付近地図: 福島県大沼郡会津美里町 ]・[ 会津美里町 ]
左下観音堂 左下観音堂 左下観音堂 左下観音堂
左下観音堂 左下観音堂 左下観音堂 左下観音堂
概要・歴史・観光・見所
左下観音堂(会津美里町)概要: 左下観音堂の創建は天長年間(824〜34)に弘法大師(徳一大師説もあり)が開山したと伝えられています。現在の建物は延文3年(1358)に葦名家の家臣富田将監裕義が改修したものとされ、宝形造、銅板葺、桁行き5間、梁間5間の三層懸造りです。最上段のみ外壁があり観音堂として機能し(岩屋に本尊である秘仏である無頸観音が安置されています)、途中で設けられた板敷の2階、1階部は吹き放しで物見台のようになっていて会津地方では珍しい工法を採用している事からも周囲から異彩を放っています。堂内の柱の中から一番短い柱を見つけると幸福がもたらされるという言い伝えもあり信仰の広がりもあり会津三十三観音霊場の二十一番札所にもなっています。本尊は無実の罪で追われた越後の人が左下観音堂へ逃れ、この場で捕まり斬首されたところ観音様の首だったことから無頸観音と呼ばれています。又、3層目からの眺望が優れていることから風光明媚としても知られ明暦3年(1657)には九州肥前国出身で会津藩の教育に大きな影響を与えた岡田如黙(学僧、自宅を開放した学問所は稽古堂と呼ばれ、後に藩校となる日新館の前身とされます)は左下観音堂の麓に草庵を設け風景を楽しんだと伝えられています。左下観音堂は建築としても貴重なことから会津美里町指定文化財に指定されています。御詠歌「左下りは 岩に聳えて懸造り いつも絶えせぬ 峯の松風」。宗派は臨済宗妙心寺派。
福島県(ホーム)

 福島県会津美里町町並み・歴史建築見所ナビ: 
伊佐須美神社熊野神社向羽黒山城弘安寺左下観音堂常福院福生寺法用寺龍興寺トップ|
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。