芦ノ牧温泉: 歴史・観光・見所

  ホーム福島県の温泉街>芦ノ牧温泉観光

概要・歴史・観光・見所
芦ノ牧温泉(会津若松市)概要: 芦ノ牧温泉は千数百年前、奈良時代の高僧として知られる行基菩薩が行脚で此の地を訪れた際、白く立ち上がる煙を見つけたのが始まりとされます。行基は湯屋を設けると、その効能を村人達に諭し多くの病人を救ったと伝えられています。又、源義経が芦ノ牧温泉に訪れたとの伝承も残されていますが詳細は不詳。その後は住民達によって守られてきましたが明治35年(1902)頃から温泉街として開発が始まり大型の温泉旅館が建ち並ぶようになりました。芦ノ牧の地名は中世、会津若松を中心に大きな領地を支配した芦名氏の軍事用の馬の産地だった事から名付けられたとされています。

芦ノ牧温泉の泉質: ナトリウム・カルシウム−硫酸塩・塩化物温泉
芦ノ牧温泉の効能: 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔病、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
芦ノ牧温泉の泉質別効能: 動脈硬化症、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病

芦ノ牧温泉・町並み:写真

芦ノ牧温泉・町並み 芦ノ牧温泉・町並み 芦ノ牧温泉・町並み 芦ノ牧温泉・町並み 芦ノ牧温泉・町並み
芦ノ牧温泉・町並み 芦ノ牧温泉・町並み 芦ノ牧温泉・町並み 芦ノ牧温泉・町並み 芦ノ牧温泉・町並み

芦ノ牧温泉:周辺・見所

温泉神社
温泉神社
温泉神社
金精神社
金精神社
金精神社
出会い湯滝
出会いの湯滝
出会いの湯滝
不動尊
三日月不動尊
三日月不動尊
 
白
 

福島県の温泉街
東山温泉 磐梯熱海温泉
土湯温泉 岳温泉
高湯温泉 芦ノ牧温泉
湯野上温泉 飯坂温泉

福島市:周辺・見所
大蔵寺 福島教会
月山神社 護国神社
羽黒神社 稲荷神社
板倉神社 岩谷観音
常光寺 鹿島神社
鹿島神社 城山古墳
康善寺 黒沼神社
満願寺 御倉邸
大森城 湯殿山神社
真浄院 福島城
福島市写真美術館 ノートルダム修道院
宝塔 陽泉寺
日本基督教団福島新町教会
飯坂温泉 土湯温泉
高湯温泉 磐梯・吾妻


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。
芦ノ牧温泉
福島県(ホーム)

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「鬼怒川温泉」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。