会津若松市: 八葉寺

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)会津若松市・観光>八葉寺

概要・歴史・観光・見所
八葉寺(会津若松市)概要: 八葉寺は福島県会津若松市河東町広野冬木沢に境内を構えている真言宗室生寺派の寺院です。八葉寺の創建は康保元年(964)に高僧空也上人がこの地を訪れた際、阿弥陀仏と経典を納めた堂宇を建立したことが始まりとされます。空也上人は周囲の供養されていない遺骸や遺骨を集め境内に供養した事から八葉寺は会津総菩提所、会津の高野山などの別名をもち信仰の対象となりました。八葉寺には遺骨の一部や爪や歯を木製の小さな五輪塔に入れて阿弥陀堂に納めるといった風習も空也上人の行為を模したものとされ昭和56年(1981)に国指定重要有形民俗文化財に指定されています。中世は芦名氏の庇護となり住職も芦名氏一族から迎えた事で寺運も隆盛しましたが、伊達政宗との戦乱に巻き込まれ、天正17年(1589)に政宗による焼き討ちで堂宇が焼失し衰微します。その後、文禄年間(1592〜1596年)に再建されたのが現在の阿弥陀堂で、建築は木造平屋建て、入母屋、茅葺、妻入、桁行3間、張間3間、外壁は真壁造り板張り。室町時代末期の禅宗様建築の遺構として大変貴重な事から明治37年(1904)に旧国宝、昭和25年(1950)に国指定重要文化財に指定されています。

その他八葉寺の境内には空也上人が杵で突き掘りあてた清水(空也清水)や猪苗代勢武将等の供養碑群や観応の碑(会津若松市指定文化財)、奥の院(本尊:阿弥陀如来・お塔婆納め所、木造平屋建て、寄棟、茅葺、平入、桁行3間、桁行3間、外壁は真壁造り板張り)、閻魔堂(十王堂:木造平屋建て、宝形造、桟瓦葺き、桁行2間、張間2間、正面1間向拝付き、外壁は真壁造り板張り)、開山堂(空也上人の木像安置、木造平屋建て、宝形造、桟瓦葺き、桁行2間、張間2間、正面1間向拝付き、外壁は真壁造り板張り)、仁王門(入母屋、鉄板葺き、三間一戸、八脚単層門)、鐘楼(切妻、桟瓦葺き)などの史跡や名勝があります。山号:諸陵山。宗派:真言宗室生寺派。本尊:阿弥陀如来。

八葉寺の文化財
・ 八葉寺阿弥陀堂−文禄年間、入母屋、茅葺、三間四面−国指定重要文化財
・ 八葉寺奉納小型納骨塔婆及び納骨器−国指定重要有形民俗文化財
・ 空也念仏踊−毎年8月8日奉納−福島県指定重要無形民俗文化財
・ 冬木沢参りの習俗−記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
・ 観応の碑−文和2年,高さ180p,幅115p-会津若松市指定有形文化財

八葉寺:写真

八葉寺
[ 付近地図: 福島県会津若松市 ]・[ 会津若松市 ]・[ 福島県:寺院 ]
八葉寺 八葉寺 八葉寺 八葉寺
八葉寺 八葉寺 八葉寺 八葉寺
八葉寺 八葉寺 八葉寺 八葉寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。