会津若松市: 旧第四銀行会津支店

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)会津若松市・観光>旧第四銀行会津支店

概要・歴史・観光・見所
旧第四銀行会津支店概要: 旧第四銀行会津支店は郡山橋本銀行若松支店として昭和2年(1927)から昭和4年(1929)にかけて建てられた建築です。第四銀行会津支店としては昭和10年(1935)から昭和55年(1980)まで利用しその後は民間会社の事務所となっています。鉄筋コンクリート2階建て、岡田信一郎が設計した事でも有名で当時の銀行建築の要素が多数含まれています。正面には6本列柱は建物の正面性を強烈に演出し、柱の太さからは銀行施設の重厚さが感じられます。柱の上部にはイオニア式と呼ばれる渦巻状の装飾が施されギリシャ神殿を模してる印象を受けます。旧第四銀行会津支店は昭和初期に建てられた金融建築の遺構として貴重なことから平成11年(1999)に歴史的景観指定建造物に指定されました。

旧第四銀行会津支店:写真

旧第四銀行会津支店
[ 付近地図: 福島県会津若松市 ]・[ 会津若松市:観光 ]・[ 福島県:洋館 ]
旧第四銀行会津支店 旧第四銀行会津支店 旧第四銀行会津支店 旧第四銀行会津支店


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。