会津若松市: 暦応の碑

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)会津若松市・観光>暦応の碑

概要・歴史・観光・見所
暦応の碑(会津若松市)概要: 暦応の碑は福島県会津若松市河東町暦応の碑(会津若松市)に位置する石碑で、3つの石碑群から構成されています。中央の石碑は、高さ60cm、幅60cm、正面上部には観音菩薩を意味する梵字、その下には「暦応五年十二月敬白」の銘が刻まれています(暦応5年=西暦1342年)。右側の石碑は高さ140cm、幅40cm、正面上部には阿弥陀如来を意味する梵字が刻まれています。左側の石碑は、高さ70cm、幅69cm、正面には阿弥陀如来と勢至菩薩、観音菩薩を意味する3字の梵字が刻まれています。左右の石碑には年号が刻まれていませんが、中央の石碑と同時期に制作されたものと推定されています。暦応の碑は南北朝時代に制作され、年号が明確で貴重な事から昭和45年(1970)に会津若松市指定有形文化財に指定されています。又、暦応の碑の左側には源義経が奥州平泉に下向する際、鏡山を通過、その時愛馬を繋いだと伝わる「駒繋石」、右側には〇〇墓が建立されています。

暦応の碑:写真

暦応の碑
[ 付近地図: 福島県会津若松市 ]・[ 会津若松市:観光 ]
暦応の碑 暦応の碑 暦応の碑 暦応の碑


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。