会津若松市: 満田屋

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)会津若松市・観光>満田屋

概要・歴史・観光・見所
満田屋(会津若松市)概要: 満田屋は福島県会津若松市大町1丁目に位置する老舗醸造元で、江戸時代後期の創業天保5年(1834)の創業。現在でも味噌、醤油を主力とし菜種油、胡麻油なども取り扱っています。店蔵は江戸時代後期に建てられたもので木造2階建て、切妻、瓦葺き、平入り、塗屋造、白漆喰仕上げ、1階正面には下屋庇が設けられた建物で隣接する2棟の妻入りの袖蔵(土蔵2階、切妻、瓦葺き)と共に町並みを形成しています。平成9年(1997)に会津若松市歴史的景観指定建造物に指定されています。

満田屋:写真

満田屋
[ 付近地図: 福島県会津若松市 ]・[ 会津若松市 ]・[ 福島県:古民家 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。