会津若松市: 延命寺地蔵堂

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)会津若松市・観光>延命寺地蔵堂

概要・歴史・観光・見所
延命寺地蔵堂(会津若松市)概要: 伽羅陀山延命寺は福島県会津若松市延命寺地蔵堂(会津若松市)河東町倉橋字藤倉に境内を構えている真言宗豊山派の寺院です。延命寺地蔵堂の創建は平安時代初期の大同2年(807)に徳一和尚が開山したと伝えられ(往時は徳一によって開かれ当地域の宗教の中心だった慧日寺の末寺でした)、別当である延命寺は延久元年(1069)に承応和尚が中興したと伝えられています。延命寺本堂は江戸時代初期の寛永年間(1661〜1672年)に再建されたものでしたが江戸時代末期に発生した戊辰戦争(会津戦争)の際多くの建物や寺宝、記録と共に焼失しました。地蔵堂は室町時代中期の建物と推定され、大屋根の下に重層の屋根があることから藤倉二階堂とも呼ばれています。三間四面、寄棟、瓦葺(元茅葺)で重層の屋根を支える柱は五間四面で外部に開放されています。寺院建築の中に神社建築の要素と取り入れた独特な工法とされ、東北の中では唯一のものとされます。延命寺地蔵堂は室町時代中期の仏堂建築の遺構として大変貴重なことから明治36年(1903)に内務省特別保護建築物(旧国宝)に指定され昭和25年(1950)に国指定重要文化財に指定されています。山号:伽羅陀山。院号:地蔵院。宗派:真言宗豊山派。本尊:大日如来。

延命寺地蔵堂:写真

延命寺
[ 付近地図: 福島県会津若松市 ]・[ 会津若松市 ]・[ 福島県:寺院 ]
延命寺 延命寺 延命寺 延命寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。