福島県の建築物(国宝・国指定重要文化財)

福島県:歴史・観光・見所(ホーム)>建築物(国宝・国指定重要文化財)

建築物(国宝・国指定重要文化財):一覧表

建築物(国指定重要文化財):一覧
名 称
種 別
建築年
構 造
所在地
備考
白水阿弥陀堂・阿弥陀堂・永暦元年・宝形造、こけら葺、桁行三間、梁間三間、阿弥陀堂建築・いわき市・国宝
・旧広瀬座・芝居小屋・明治20年・木造平屋一部二階建、入母屋造、杉木羽葺、妻入・福島市・国指
旧伊達郡役所・庁舎・明治16年・擬洋風建築、塔屋付、棟梁:山内幸之助、銀作・桑折町・国指
旧亀岡家住宅・主屋・明治37年・木造二階建、半八角形突出、棟梁:小笠原国太郎・伊達市・国指
旧尋常中学校・本館・明治22年・木造2階建、寄棟、瓦葺、下見板張、建築面積1132.2u・郡山市・国指
都々古別神社・本殿・文禄年間・三間社流造、銅板葺、正面三間向拝、高欄付・棚倉町・国指
・中山家住宅・主屋・江戸中期・木造平屋、寄棟、鉄板葺、桁行15.6m、梁間9.4m・三春町・国指
堂山王子神社・本殿・室町初期・木造平屋、寄棟、銅板葺、平入、桁行五間、張間四間・田村市・国指
滝沢本陣・本陣・江戸時代・主屋(木造平屋、寄棟、茅葺)、座敷(2棟)会津若松市・国指
・旧正宗寺さざえ堂・寛政8年・六稜三層形式、一間唐破風向拝、銅板葺、高さ16.5m会津若松市・国指
延命寺・地蔵堂・室町中期・重層寄棟造、本瓦葺、裳階付、桁行三間、梁間三間会津若松市・国指
八葉寺・阿弥陀堂・文禄年間・木造平屋、入母屋、茅葺、妻入、桁行三間、梁間三間会津若松市・国指
・旧馬場家住宅・主屋・江戸中期・木造平屋、寄棟、茅葺、桁行15.3m、梁間7.6m、中門造・猪苗代町・国指
天鏡閣・別荘・明治41年・本館(木造二階建、スレート葺、八角形塔屋)、別館、表門・猪苗代町・国指
旧高松宮翁島別邸・迎賓館・大正11年・居間棟(木造平屋、寄棟)、玄関棟(寄棟)、台所棟(寄棟)・猪苗代町・国指
新宮熊野神社・長床・慶長11年・木造平屋建、寄棟、茅葺、平入、桁行九間、梁間四間・喜多方市・国指
勝福寺・観音堂・永禄元年・寄棟、茅葺、平入、桁行四間、梁間三間、真壁造・喜多方市・国指
円満寺・観音堂・慶長17年・木造平屋、入母屋、茅葺、平入、桁行三間、梁間三間・西会津町・国指
恵隆寺・観音堂・建久年間・寄棟、茅葺、平入、桁行五間、梁間四間、一間向拝、真壁造会津坂下町・国指
五十嵐家住宅・主屋・享保14年・木造平屋建、寄棟、茅葺、平入、桁行八間半、梁間三間半会津坂下町・国指
勝常寺・薬師堂・応永5年・木造平屋、寄棟、銅板葺、平入、桁行五間、梁間五間・湯川村・国指
円蔵寺弁天堂・応永年間・宝形造、茅葺、方三間、花頭窓、真壁造板張、浜縁・柳津町・国指
法用寺・厨子・正和3年・厨子:三間寄棟造、板葺・仏壇:一重仏壇会津美里町・国指
福生寺・観音堂・室町後期・宝形造、銅板葺、桁行三間、梁間三間、一間向拝、真壁造会津美里町・国指
弘安寺・弁天堂・文永11年・一間社切妻造、木端葺、平入、真壁造板張、高欄、浜床会津美里町・国指
田子薬師・薬師堂・応永6年・木造平屋、入母屋、銅板葺き、平入、桁行三間、張間三間会津美里町・国指
中ノ沢観音・観音堂・室町前期・木造平屋、寄棟、銅板葺、平入、桁行三間、梁間三間・下郷町・国指
成法寺・観音堂・応長元年・木造平屋、寄棟、茅葺、平入、桁行三間、梁間三間、真壁造・只見町・国指
・五十嵐家住宅・主屋・寛保3年・木造平屋、寄棟、茅葺、平入、桁行13.3m、梁間7.6m・只見町・国指
相馬中村神社・社殿・寛永20年・本殿(一間社流造)、拝殿(入母屋造)、幣殿(両下造)・相馬市・国指
涼ヶ岡八幡神社・社殿・江戸時代・本殿、幣殿、拝殿、随身門、摂社若宮八幡宮本殿
・末社亀齢社本殿
・相馬市・国指
武山家住宅・主屋・19世初・木造平屋建、入母屋、茅葺、平入、桁行九間、梁間五間・南相馬市・国指
飯野八幡宮・社殿・江戸時代・本殿、若宮八幡神社本殿、仮殿、神楽殿、唐門、楼門、宝蔵・いわき市・国指
専称寺・仏閣・江戸時代・本堂(入母屋)、庫裏(寄棟)、総門(四脚門)・いわき市・国指
スポンサーサイト
[ 福島県日本三大(柳津虚空蔵尊・いわき湯本温泉・半田銀山) ]・[ 福島県の温泉街(飯坂・東山・いわき湯本) ]・[ 福島県の温泉街(高湯・土湯・岳) ]・[ 福島県の温泉街(磐梯熱海・湯野上・芦ノ牧) ]・[ 行基菩薩 ]・[ 松尾芭蕉 ]・[ 日本武尊 ]・[ 延喜式内社 ]・[ 二重門・楼門・鐘楼門 ]・[ 随身門・神門・中門 ]・[ 茅葺(古民家・寺院・神社) ]・[ 福島県の本殿 ]・[ 福島県の拝殿 ]・[ 福島県の本堂 ]・[ 福島県の御堂 ]・[ 建築物(国宝・国指定重要文化財) ]・[ 建築物(県指定重要文化財) ]・[ 弘法大師空海 ]・[ 慈覚大師円仁 ]
※ 当ページは「郷土資料辞典」、「日本の城下町」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。リンクはフリーですが画像や文章等のコピーは行わないでください。