桑折町: 旧伊達郡役所

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)桑折町・観光>旧伊達郡役所

概要・歴史・観光・見所
旧伊達郡役所(桑折町)概要: 旧伊達郡役所は福島県伊達郡桑折町字陣屋に位置し、明治16年(1883)に建築、大正15年(1926)まで当地方の郡役所として現役を続け、その後も公共施設の事務所として利用されました。旧伊達郡役所は桑折町の大工山内幸之助と銀作が棟梁として造られた所謂擬洋風建築で和風建築の構造体に洋風建築の要素を取り入れたもので、瓦屋根や2階ベランダの入母屋など和風の要素と、縦長の上げ下げ窓や外壁の下見板梁(ペンキ仕上げ)、ファンライト(半円形欄間)、バージボード(軒先飾板)、柱飾り、軒下の蛇腹などの洋風の要素が見られます。玄関ポーチを張り出し、2階部分をベランダとし、さらにその上部を塔屋(明治20年:1887年に撤去され昭和54年:1979年に復元)とするなど当時の役所建築の特徴も捉えています。旧伊達郡役所は明治時代初期の洋風建築で、建設当初から位置が変わらない事でも珍しく大変貴重な事から昭和52年(1977)に国重要文化財に指定されています。福島県内に残されている旧郡役所建築は、旧伊達郡役所の他に旧西白河郡役所(白河市:明治16年建築)と旧南会津郡役所(南会津町:明治18年建築・福島県指定重要文化財)があります。

旧伊達郡役所:写真

旧伊達郡役所
[ 付近地図: 福島県桑折町 ]・[ 桑折町:観光 ]・[ 福島県:近代洋風建築 ]
旧伊達郡役所 旧伊達郡役所 旧伊達郡役所 旧伊達郡役所


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。