桑折町: 万正寺の大カヤ

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)桑折町・観光>万正寺の大カヤ

概要・歴史・観光・見所
万正寺の大カヤ(桑折町)概要: 万正寺の大カヤは推定樹齢300年以上の大木でカヤとしてはカヤの木福島県一と言われています。福島県伊達郡桑折町万正寺大榧に位置し、樹高15m、目通り幹囲7.2m、根周り8.1mあり、昭和28年(1953)に福島県指定天然記念物に指定されています。又、古くから伊達家縁の地として伝えられ明治10年(1877)に鎌倉時代のものと推定される古瀬戸の瓶子が発見され昭和26年(1951)の調査では赤褐色の蔵骨器などが発掘されています。周辺には伊達家が居城として利用した桑折西山城(国指定史跡)や伊達五山に数えられる観音寺(寺宝には文化財多数)などが点在しています。

万正寺の大カヤ:写真

カヤの木
[ 付近地図: 福島県桑折町 ]・[ 桑折町:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。