猪苗代湖: 天鏡閣

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)猪苗代湖>天鏡閣

概要・歴史・観光・見所
天鏡閣(猪苗代湖)概要: 天鏡閣は福島県耶麻郡猪苗代町大字翁沢字御殿山に位置し、有栖川宮威仁親王の旧別邸として明治41年(1908)に竣工した建物です。「天鏡閣」の名称は大正天皇が皇太子の時ここを訪れた際、別荘から見える猪苗代湖が鏡のように見えたことから李白の詩句「明湖落天鏡」より命名したとされます。その後、有栖川宮家から高松宮家に所有が移り、大正11年(1922)には屋敷内に高松宮翁島別邸が建てられています。昭和27年(1952)に高松宮宣仁親王から福島県へ寄贈され、福島県は当時は会議や講習会、職員研修所などに利用してきましたが老朽化により、昭和46年(1971)に利用を停止し、昭和55年(1980)から昭和57年(1982)にかけて修復工事が行われています。

天鏡閣の建物は木造2階建て、建築面積492u、延床面積927u、スレート屋根、八角形の塔屋が印象的で、外壁には下見板貼、玄関上部のバルコニーだけでなく縦長の上げ下げ窓や棟飾り、丸窓のドーマなど様々な洋風建築の要素で構成されています。内部は1階が玄関、客間、撞球室、食堂、2階には御寝室、御座所、御居間、客室などがあり内装も洋風建築の特徴を以ています。昭和54年(1979)に隣接する別邸(木造2階建、寄棟、スレート葺、妻入、建築面積99.2u、意匠などは本館に類似)、表門(門柱:煉瓦造・扉:鉄製、両開き、左右袖塀付)と共に国指定重要文化財に指定され、現在は一般公開され有栖川宮殿下ゆかりの品々が展示されています。

天鏡閣:写真

天鏡閣
[ 福島県猪苗代町 ]・[ 猪苗代湖:観光 ]・[ 福島県:近代洋風建築 ]
天鏡閣 天鏡閣 天鏡閣 天鏡閣
天鏡閣:別館
天鏡閣 天鏡閣 天鏡閣 天鏡閣


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。