猪苗代湖: 観音寺

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)猪苗代湖>観音寺

概要・歴史・観光・見所
観音寺(猪苗代湖)概要: 滋應山観音寺は福島県耶麻郡猪苗代町大字川桁字村北に境内を構える曹洞宗の寺院です。観音寺の創建は鎌倉時代初期の建久年間(1190〜1198年)、当地に配された三浦経連(猪苗代経連)が観音像を亀ヶ城(猪苗代城)に安置し、後にその観音像を本尊として寺院を開いたのが始まりと伝えられています。三浦経連の後裔は猪苗代氏を称し長く当地を支配し、観音寺は歴代猪苗代氏から、祖である経連の菩提寺として庇護されています(現在、経連の墓碑は不明)。観音寺境内にある山門(猪苗代町指定重要文化財)は入母屋、茅葺、一間一戸、軒唐破風の所謂 会津式唐門で江戸時代初期に建てられたと伝わる古建築で欄間の彫刻や工法など桃山文化を継承する造りとなっています。又、宝篋印塔は應永十八年十日吉日(西暦:1411年)と銘文が刻み込まれている古碑で高さ約1.8m、室町時代初期の石造物で制作年が明確、保存状態が良く貴重な事から昭和33年(1958)、福島県指定重要文化財に指定されています。寺宝である聖観音坐像は観音寺創建当初の本尊(現在の本尊は江戸時代中期作)として鎌倉時代制作、寄木造り、法橋春日作、中世の古仏像として貴重ば事から昭和44年(1969)に猪苗代町指定重要文化財に指定されています。猪苗代三十三観音第1番札所(札所本尊:聖観音・御詠歌:陸奥の ここぞ荒野の観世音 誓は高き いわはしのやま)。山号:滋應山。宗派:曹洞宗。本尊:聖観音。

観音寺:写真

観音寺
[ 付近地図: 福島県猪苗代町 ]・[ 猪苗代湖:観光 ]・[ 福島県:寺院 ]
観音寺 観音寺 観音寺 観音寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。