猪苗代湖: 野口英世生家

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)猪苗代湖>野口英世生家

概要・歴史・観光・見所
野口英世生家(猪苗代湖)概要: 野口英世は明治9年(1876)、この生家で生まれ明治29年(1896)、19歳で上京するまで過しました。生家には英世が左手に火傷をした「囲炉裏」や「志を得ざれば再びこの地を踏まず」と上京の時(明治29年:1896年9月初旬)刻んだ床などが見ることが出来ます。野口英世生家主屋は木造平屋建、寄棟(両端は切り落とされような形状で兜造風になっています)、茅葺、平入、外壁は真壁造り板張り。現在は野口英世記念館として一般公開されています。

野口英世生家:写真

野口英世生家


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。