いわき市: 飯野八幡宮

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)いわき市・観光>飯野八幡宮

概要・歴史・観光・見所
飯野八幡宮(いわき市)概要: 飯野八幡宮は福島県いわき市平八幡小路に鎮座している神社です。創建には諸説あり、一説には康平6年(1063)に前九年合戦の折、源頼義が戦勝祈願の為、石清水八幡宮(旧男山八幡宮:京都府八幡市)を勧請した事が始まりとされ、もう一説には文治2年(1186)に源頼朝の命により石清水八幡宮の分霊を勧請し赤目崎物見岡(現在の平城跡地)に社殿を造営し好嶋荘の総社としたとも云われています。又、好嶋荘の記録的初見が元久元年(1204)に八幡宮領好嶋荘田地目録注進状写で「八幡宮御領好嶋御庄」とあり、少なくともこれ以前から祀られていた事が窺えます。

建永元年(1247)には鎌倉幕府執権の北條時頼の命により伊賀光宗を好嶋荘の領主兼神主としてこの地に派遣し、その後裔は地名から飯野氏と改姓しながらも代々神主職を歴任しています。鎌倉時代は飯野氏が中心となり社殿の造営や鳥居の建立などを行いましたが、南北朝時代に飯野氏は没落し、その兵火により八幡宮の社殿も焼失し衰微します。建武2年(1335)に足利尊氏の許可を得て社殿が修復され再興し、周辺を支配した岩城氏の崇敬社となり、社領や社殿の造営など多く奉納物が寄進され、菊田・磐崎・磐城・楢葉・標葉の岩城五郡の総鎮守としても多くの民衆から信仰の対象となりました。慶長5年(1600)、関が原の合戦時岩城氏は親戚筋である佐竹氏と行動を共に東西中立だった為、一時改易となり後に亀田藩(秋田県由利本荘市岩城亀田)2万石の大名に復権して国替えとなります。岩城氏が当地から去ると慶長7年(1602)に鳥居忠政が入封し磐城平藩を立藩(岩城氏縁の岩城が気に入らなかった為に地名を磐城に改称)、本城として平城を築城する際に、飯野八幡宮の境内と城域が被った為、現在地に遷宮します。鳥居氏の崇敬は篤く、慶長19年(1614)の火災で焼失後の元和2年(1616)には社殿を再建しています。

江戸時代に入ると、幕府から社領を400石、藩主から50石の寄進を受け、当時は神仏混合だった為、16の寺院を遵える壮大な境内だったそうです。明治初頭に発令された神仏分離令により、寺院や阿弥陀堂、釈迦堂などの仏教の要素が強いものが除かれ現在に近い形態となり社名も飯野八幡神社に改称(昭和36年に飯野八幡宮に改称)し明治6年(1873)に県社に列しています。祭神:品陀別命(応神天皇)、息長帯姫命(神功皇后)、比売神(仲姫命)。

飯野八幡宮建築文化財一覧
・ 本殿-元和2年-入母屋,こけら葺き,3×3間,極彩色-国指定重要文化財
・ 随神門-万治元年-入母屋,銅板葺,楼門,三間一戸,極彩色-国指定重要文化財
・ 唐門-元禄16年-平唐門,一間一戸,銅瓦棒葺-国指定重要文化財
・ 神楽殿-元和9年-入母屋,鉄板葺,2×2間,格天井-国指定重要文化財
・ 若宮八幡神社-元和5年-流造,瓦棒葺,1間社,前殿付-国指定重要文化財
・ 仮殿-寛文13年-流造,鉄板葺,1間社,素木-国指定重要文化財
・ 宝蔵-江戸初期,寄棟,瓦葺,3×2間,土蔵,白漆喰-国指定重要文化財
・ 拝殿-元禄16年-切妻,こけら葺き,5×2間,唐破風,彫刻-いわき市指定文化財
・ 幣殿-元禄16年-切妻,こけら葺,向唐破風-いわき市指定有形文化財

飯野八幡宮の文化財
・ 大薙刀(銘)備州長船住盛景−国指定重要文化財(工芸品)
・ 常滑大壺−福島県指定重要文化財(工芸品)
・ 絵馬双鷹図−福島県指定重要有形民俗文化財
・ 絵馬引馬図−福島県指定重要有形民俗文化財
・ 飯野八幡宮の流鏑馬と献饌−福島県指定重要無形民俗文化財
・ 源為朝の図額−いわき市指定有形文化財(絵画)
・ 絵馬:渡辺綱の図−いわき市指定有形文化財(絵画)
・ 飯野八幡宮神輿−いわき市指定有形文化財(工芸品)
・ 猿田彦面−いわき市指定有形文化財(工芸品)
・ 飯野八幡宮射具記−いわき市指定有形文化財(書籍)
・ 飯野八幡宮簾帳賛并序−いわき市指定有形文化財(書籍)
・ 飯野八幡宮の流鏑馬の用具類及び献饌の祭器-いわき市有形民俗文化財

飯野八幡宮:写真

飯野八幡宮
[ 付近地図: 福島県いわき市 ]・[ いわき市:観光 ]・[ 福島県:神社 ]
飯野八幡宮:楼門 飯野八幡宮:唐門 飯野八幡宮:拝殿 飯野八幡宮:本殿・幣殿
飯野八幡宮:神楽殿 飯野八幡宮:宝蔵 飯野八幡宮:若宮八幡神社 飯野八幡宮:仮殿


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。