いわき湯本温泉: 勝行院

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)いわき市・観光>勝行院

概要・歴史・観光・見所
勝行院(いわき市)概要: 三箱山勝行院は福島県いわき市常磐湯本町三函に境内を構えてる真言宗智山派の寺院で、平安時代初期の大同2年(807)に徳一大師(奈良時代から平安時代前期にかけての法相宗の高僧、東日本に多くの寺院を開山)よって創建されたと伝わる古寺です。正面の楼門(入母屋、桟瓦葺、三間一戸、八脚楼門)を始め本堂(入母屋、桟瓦葺、平入、桁行5間、正面3間向拝付)や三重塔(三間三重塔婆、瓦葺、宝形屋根、高さ14m)など七伽藍が建ち並び明治初頭には小学校の仮校舎にもなっていました。中でも釈迦堂は、寛政10年(1798)の火災で焼失後、文化年間(1804〜1818年)に幻如上人により再建された古建築物で入母屋、瓦葺き、平入、桁行4間、当時は朱色に塗られていたようです。この釈迦堂は勝行院が戊辰戦争で焼失した時仮本堂となった建物で堂内には釈迦三尊を安置していました。寺宝である木造釈迦如来坐像は南北朝時代(14世紀)に運慶が彫り込んだと伝えられる仏像で寄木造、漆箔、玉眼入、像高85p、昭和51年(1976)に福島県指定重要文化財に指定されています。いわき湯本温泉の名所、福島八十八箇所霊場第一番札所(札所本尊:不動明王・御詠歌:みちのくの さばこのさとに だいどうの みてらはいまに ひかりかがやく)。宗派:真言宗智山派。本尊:不動明王。

勝行院:写真

勝行院
[ 付近地図: 福島県いわき市 ]・[ いわき湯本温泉 ]・[ 福島県:寺院 ]
勝行院 勝行院 勝行院 勝行院


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。