いわき市: 植田八幡神社

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)いわき市・観光>植田八幡神社

概要・歴史・観光・見所
植田八幡神社(いわき市)概要: 植田八幡神社は福島県いわき市植田町八幡台に鎮座している神社で、案内板によると「 御冷泉天皇の御代、康平5年源頼義、義家が勅命を奉じて安倍二任征伐のおり鎌倉の鶴岡を始めとして街道五里ごとに神社を建立、岩清水八幡の分霊を勧請し浜街道永遠の鎮守を祈念した。その一社が植田八幡で俗に五里八幡と称される。西暦1062年建立。 」とあります。拝殿は木造平屋建て、入母屋、銅瓦棒葺き、正面千鳥破風、平入、桁行6間、梁間3間、一間の唐破風向拝を設えた豪華な造りとなっています。本殿は流れ造り、銅板葺きの一間社です。境内にあるアカガシは樹高13m、幹周2.8m、昭和53年(1978)、いわき市指定保存樹木に指定されています。祭神は誉田別命。祭礼日は9月15日。

植田八幡神社:写真

植田八幡神社
[ 付近地図:福島県いわき市 ]・[ いわき市:観光 ]・[ 福島県:神社 ]
植田八幡神社 植田八幡神社 植田八幡神社 植田八幡神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。