いわき市: 旧川口家住宅

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)いわき市・観光>旧川口家住宅

概要・歴史・観光・見所
旧川口家住宅(いわき市)概要: 旧川口家住宅は明治4年(1871)に建てられた農家建築です(若松家時代は兼業で醤油醸造も行なっていた)。木造平屋建て、桁行き16.05m、梁間7.87m、床面積126.51u、寄棟、茅葺、直屋造り、平入りの建物で明治時代に建てられたものですが江戸末期の様式を継承しています。内部は広間型三間取りで土間、勝手、広間、座敷があり奥座敷には付書院や床の間を設けるなど格式の高い意匠も見受けられます。旧川口家住宅は現在でも主要構造材の変更が少ない事から平成7年(1995)いわき市指定有形文化財に指定され現在はいわき市暮らしの伝承郷内(福島県いわき市鹿島町下矢田散野)に移築保存されています。

旧川口家住宅:写真

旧川口家住宅
[ 付近地図: 福島県いわき市 ]・[ いわき市:観光 ]・[ 福島県:古民家 ]
旧川口家住宅 旧川口家住宅 旧川口家住宅 旧川口家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。