磐城平藩

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)福島県の城下町>磐城平藩
平藩概要
平藩概要: 慶長7年(1602)、鳥居忠政が10万石で入封し平藩を立藩します。中世以来、当地は岩城氏が支配していましたが、戦国時代、佐竹氏に従属していた為、関が原の戦い後、中立だった佐竹氏に連座し一時改易となりました(岩城氏はその後許され川中島藩1万石、亀田藩2万石で復権)。忠政は岩城氏の本城だった大館城を廃し、新たに平城を築き城下町や領内の整備を行いました。元和8年(1622)、忠政が山形藩(山形県山形市)に移封になると内藤政長が佐貫藩(千葉県富津市)から7万石で入封。延享4年(1747)6代内藤政樹が延岡藩(福岡県延岡市)に移封になると笠間藩(茨城県笠間市)から井上正経が6万石で入封。宝暦8年(1758)に正経が浜松藩(静岡県浜松市)に移封になると加納藩(岐阜県岐阜市)から安藤信成が5万石で入封。以来、安藤家が7代藩主を歴任し明治維新を迎えています。5代安藤信正は幕政で大きな影響力を持ちましたが文久2年(1862)の坂下門外の変で失脚し所領を4万石に削減されています。
  スポンサーリンク
 

平藩歴代藩主
 藩主名藩主年間石高備考
初代鳥居忠政1602〜1622年10万石 
初代内藤政長1622〜1634年7万石 
2代内藤忠興1634〜1670年7万石 
3代内藤義概1670〜1685年7万石 
4代内藤義孝1685〜1712年7万石 
5代内藤義稠1712〜1718年7万石 
6代内藤政樹1718〜1747年7万石 
初代井上正経1747〜1758年3万7千石 
初代安藤信成1756〜1810年6万7千石 
2代安藤信馨1810〜1812年6万7千石 
3代安藤信義1812〜1829年6万7千石 
4代安藤信由1829〜1847年6万7千石 
5代安藤信正1847〜1862年4万石 
6代安藤信民1862〜1863年4万石 
7代安藤信勇1863〜1871年4万石 

平藩
平藩:町並み 平藩:町並み 平藩:町並み 平藩:町並み 平藩:町並み
平藩城下町:名所・旧跡
平城
平城
平城
飯野八幡宮
飯野八幡宮
飯野八幡宮
龍門寺
龍門寺
龍門寺
禅長寺
禅長寺
禅長寺
 
白
 


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。写真や文章のコピーは行わないでください。