三春藩

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)福島県の城下町>三春藩
三春藩概要
三春藩概要: 寛永4年(1627)、加藤嘉明の3男である加藤明利が本藩である会津藩(福島県会津若松市)から3万石が分与され三春藩を立藩します。寛永5年(1628)明利が二本松藩(福島県二本松市)に移封になると二本松藩から松下長綱が3万石で入封しています。長綱は当時の会津藩主加藤家とは親戚筋で与力大名的な立場で、就任した際にはまで18歳だった事から交通の要衝で戦略的な拠点だった二本松を治めるには早いと判断され5万石から2万石減じる形で三春藩の藩主となっています。寛永20年(1643)、本藩である会津藩の藩主である加藤明成が改易になった事に連座し正保元年(1644)に長綱が改易になると、宍戸藩(茨城県笠間市)から秋田俊季が5万5千石で入封(後に弟である秋田季久に5千石を分地)。以来、秋田家が藩主を11代歴任し明治維新を迎えています。戊辰戦争の際は奥羽越列藩同盟に参加しますが、同盟側の戦線が不利になると逸早く離脱しています。
  スポンサーリンク
 

三春藩歴代藩主
 藩主名藩主年間石高備考
初代加藤明利1627〜1628年3万石 
初代松下長綱1628〜1644年3万石 
初代秋田俊季1645〜1649年5万石 
2代秋田盛季1649〜1676年5万石 
3代秋田輝季1676〜1715年5万石 
4代秋田頼季1715〜1743年5万石 
5代秋田延季1743〜1751年5万石 
6代秋田定季1751〜1757年5万石 
7代秋田倩季1757〜1797年5万石 
8代秋田長季1797〜1811年5万石 
9代秋田孝季1803〜1832年5万石 
10代秋田肥季1832〜1865年5万石 
11代秋田映季1865〜1871年5万石 

三春藩
三春藩:町並み 三春藩:町並み 三春藩:町並み 三春藩:町並み 三春藩:町並み
三春藩城下町:名所・旧跡
藩庁
三春城
三春城
藩主:菩提寺
高乾院
高乾院
藩主:菩提寺
龍穏院
龍穏院
旧:総鎮守
田村大元神社
田村大元神社
城主:菩提寺
福聚寺
福聚寺
藩:総鎮守
三春大神宮
三春大神宮
藩主:菩提寺
州伝寺
州伝寺
藩主:祈願所
真照寺
真照寺
 
白
 
 
白
 


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。写真や文章のコピーは行わないでください。