棚倉藩

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)福島県の城下町>棚倉藩
棚倉藩概要
棚倉藩概要: 慶長8年(1603)、関が原の戦いで西軍に付いた立花宗茂が許され1万石(後に3万5千石)が与えられ棚倉藩を立藩。元和6年(1620)宗茂が柳河藩(福岡県柳川市)に移封になると元和8年(1622)丹羽長重が古渡藩から5万石で入封します。寛永4年(1627)、長重が白河藩(福島県白河市)に移封になると内藤信照が5万石で入封。宝永2年(1705)3代内藤弌信が田中藩(静岡県藤枝市)に移封になると太田資晴が田中藩から5万石で入封。享保13年(1728)資晴が館林藩(群馬県館林市)に移封になると館林藩から松平武元が5万石で入封。延享3年(1746)、武元が館林藩に移封になると、掛川藩(静岡県掛川市)から小笠原長恭が6万石で入封。文化14年(1817)3代小笠原長昌が唐津藩(佐賀県唐津市)へ移封となると浜松藩(静岡県浜松市)から井上正甫が5万石で入封。天保7年(1836)、2代井上正春が館林藩に移封になると浜田藩(島根県浜田市)から松平康爵が6万石で入封。元治2年(1865)4代松平康英が宇都宮藩(栃木県宇都宮市)に移封になると慶応2年(1866)白河藩から阿部正静が10万石で入封。戊辰戦争時には奥羽越列藩同盟に参加し為、新政府軍と交戦、居城である棚倉城が落城し降伏しています。
  スポンサーリンク
 

棚倉藩歴代藩主
 藩主名藩主年間石高備考
初代立花宗茂1603〜1620年3万5千石 
初代丹羽長重1622〜1627年5万石 
初代内藤信照1627〜1665年5万石 
2代内藤信良1665〜1674年5万石 
3代内藤弌信1673〜1705年5万石 
初代太田資晴1705〜1728年5万石 
初代松平武元1728〜1746年6万5千石 
初代小笠原長恭1746〜1776年6万5千石 
2代小笠原長堯1776〜1812年6万5千石 
3代小笠原長昌1812〜1817年6万5千石 
初代井上正甫1817〜1820年6万石 
2代井上正春1820〜1836年6万石 
初代松平康爵1836〜1854年6万石 
2代松平康圭1854〜1862年6万石 
3代松平康泰1862〜1864年6万石 
4代松平康英1864〜1866年6万石 
初代阿部正静1866〜1868年10万石 
2代阿部正功1868〜1871年10万石 

棚倉藩
棚倉藩:町並み 棚倉藩:町並み 棚倉藩:町並み 棚倉藩:町並み 棚倉藩:町並み
棚倉藩城下町:名所・旧跡
棚倉城
棚倉城
棚倉城
蓮家寺
蓮家寺:菩提寺
蓮家寺
都々古別
都々古別神社(馬場)
都々古別神社
都々古別
都々古別神社(八槻)
都々古別神社
宇迦神社
宇迦神社
宇迦神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。写真や文章のコピーは行わないでください。