白河藩

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)福島県の城下町>白河藩
白河藩概要
白河藩概要: 寛永4年(1627)、丹羽長重が棚倉藩(福島県棚倉町)から10万石で入封し白河藩を立藩します。寛永20年(1643)、2代光重が二本松藩(福島県二本松市)に移封になる館林藩(群馬県館林市)から榊原忠次が14万石で入封。慶安2年(1649)忠次が姫路藩(兵庫県姫路市)に移封になると村上藩(新潟県村上市)から本多忠義が12万石で入封。天和元年(1681)2代本多忠平が宇都宮藩(栃木県宇都宮市)に移封になると、宇都宮藩から松平忠弘が15万石で入封。元禄5年(1692)、御家騒動により忠弘が山形藩(山形県山形市)に移封になると山形藩から松平直矩が15万石で入封。寛保元年(1741)3代義知が姫路藩に移封になると高田藩(新潟県上越市)から松平定賢が11万石で入封。文政6年(1823)、4代定永が桑名藩(三重県桑名市)に移封になると忍藩(埼玉県行田市)から阿部正権が10万石で入封。以来、阿倍家が8代に渡り藩主を歴任し明治維新を迎えています(幕末8代正静が棚倉藩に移封となり一時廃藩となるも慶応4年に白河藩に復帰、しかし明治元年に再び棚倉藩に移封となります)。
  スポンサーリンク
 

白河藩歴代藩主
 藩主名藩主年間石高備考
初代丹羽長重1627〜1637年10万石 
2代丹羽光重1637〜1643年10万石 
初代榊原忠次1643〜1649年14万石 
初代本多忠義1649〜1662年12万石 
2代本多忠平1662〜1681年12万石 
初代松平忠弘1681〜1692年15万石 
初代松平直矩1692〜1695年15万石 
2代松平基知1695〜1729年15万石 
3代松平明矩1729〜1741年15万石 
初代松平定賢1741〜1770年11万石 
2代松平定邦1770〜1783年11万石 
3代松平定信1783〜1812年11万石 
4代松平定永1812〜1823年11万石 
初代阿部正権1823年10万石 
2代阿部正篤1823〜1831年10万石 
3代阿部正瞭1831〜1838年10万石 
4代阿部正備1838〜1848年10万石 
5代阿部正定1848年10万石 
6代阿部正耆1848〜1864年10万石 
7代阿部正外1864〜1866年10万石 
8代阿部正静1866・1868年10万石 

白河藩
白河藩:町並み 白河藩:町並み 白河藩:町並み 白河藩:町並み 白河藩:町並み
白河藩城下町:名所・旧跡
小峰城
小峰城
小峰城
長重公霊廟
丹羽長重公霊廟
丹羽長重公霊廟
 
白
 
 
白
 
 
白
 


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。写真や文章のコピーは行わないでください。