本多忠義:概要

  福島県:歴史・観光・見所福島県:歴史・人物>本多忠義

概要・歴史・観光・見所
本多忠義(鹿嶋神社)

【 概 要 】−本多忠義は慶長7年(1602)、本多忠政と妙高院との子供として生まれました。慶長19年(1614)に発生した大坂の陣で功を挙げた事から、元和元年(1615)に従五位下、能登守を叙位しています。寛永8年(1631)に忠政が死去すると姫路藩(兵庫県姫路市)から4万石、兄である本多政朝から1万石が分知され、寛永16年(1639)に掛川藩(静岡県掛川市)7万石の藩主に抜擢されています。

正保元年(1644)に村上藩(新潟県村上市)10万石に移封となり、慶安2年(1649)に白河藩(福島県白河市)12万石へ移封となっています。慶安3年(1651)に白河藩内で大規模な検地を行い財政の基盤が確立しましたが、今までとは高く見積もられ税率も上がった為、農民の負担が増大し不満がくすぶっています(忠義は年貢を納める際、今まで利用していた升より大きなものを採用したとされ、新たに3万7千石余を打ち出したとされます)。

藩庁が置かれた小峰城は大きな改変はありませんが、本多家の菩提寺である久松寺(寺領150石)の造営や、明暦3年(1657)には領内総鎮守である鹿嶋神社に神輿(白河市指定文化財)を寄進し鹿嶋神社例大祭(現在の提灯まつり)を再興、同年には日頃から信仰している弁財天を祭る御堂(現在の龍興寺)の造営を行っています。

寛文2年(1662)隠居、延宝4年(1676)死去、享年75歳、戒名:大信院本誓忠義大居士。菩提は久松寺に葬られましたが、跡を継いだ本多忠平が天和元年(1681)に宇都宮藩(栃木県宇都宮市)、貞享2年(1685)大和郡山藩(奈良県大和郡山市)に移封になると随行し結果的に廃寺、現在は奈良県添上郡の玉竜寺に改葬されてます。

鹿嶋神社:写真
本多忠義と縁がある鹿島神社 本多忠義と縁がある鹿島神社 本多忠義と縁がある鹿島神社 本多忠義と縁がある鹿島神社
小峰城:写真
本多忠義と縁がある小峰城(白河城) 本多忠義と縁がある小峰城(白河城) 本多忠義と縁がある小峰城(白河城) 本多忠義と縁がある小峰城(白河城)



※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。