三春町: 田村大元神社

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)三春町・観光>田村大元神社

概要・歴史・観光・見所
田村大元神社(三春町)概要: 案内板によると「永正元(1504)年、田村義顕の三春移城の伴い、守山の領内総鎮守大元師明王を三春城東館下に移した。明王堂は明治四(1871)年、廃仏毀釈によってとりこわされ、明治33年、文化八(1811)年再建時の部材を用いて本殿を建立した。表門は慶応三(1867)年の建造で、金剛力士像とともに町有形文化財に指定されている。境内末社八幡熊野両社は、寛文十(1670)年消失後再建されてたもので、町有形文化財に指定されている。 三春町教育委員会」とあります。田村大元神社の創建は延暦年間(782〜806年)とされ、田村氏の祖と言われる坂上田村麻呂が東夷東征の際、戦勝祈願に立ち寄り明王を奉祭した事が始まりとされます。田村氏の崇敬社とし庇護され、当初は本拠地だった守山(現在の郡山市田村町)に鎮座していましたが永正元年(1504)に三春の地に移封となり現在地に移封となりました。戦国時代になると田村氏は大名家からは没落し伊達家の家臣として当地を離れましたが(伊達家から養子を迎え家名としては存続し一関藩3万石の大名格にはなりましたが、一族や家臣の多くは伊達家に対して恨みを持つものが多く、伊達家には帰属しませんでした。)、江戸時代に入ると三春藩主になった秋田氏も田村大元神社(大元帥明王社)を庇護し秋田氏の祈願所、三春藩領内総鎮守として社殿の造営や奉納物の寄進など行っています。古くから神仏習合し大元帥明王などと称し別当寺院として真照寺が祭祀を司っていましたが明治時代初頭に発令された神仏分離令により形式上は仏式を廃し、祭神として国常立命が勧請され社号を「大志田山神社」に改め郷社に列しています(後に田村大元神社に改称)。

田村大元神社の境内には古建築物が多く、特に神社山門(神門)は慶応3年(1867)に仁王門として建てられたもので、入母屋、銅板葺、三間一戸、八脚単層門、細部には龍や獅子などの精緻な彫刻が施され当時の三春藩の技術の高さが窺えます。現在でも内部には2体の金剛力士像(伊東光運作)が神域を守り神仏混合の名残が見られます(神仏分離令後に一端、別当寺院だった真照寺に移され、廃仏毀釈運動が鎮まった後に戻された)。本殿は明治中期の明治33年(1900)に建てられたもので、一間社流造、銅板葺、当時の神社建築をよく表している構造で複雑な木組みや彫刻など凝った造りとなっています。拝殿は本殿と同時期に建てられたもので入母屋、銅板葺、平入、桁行6間、梁間2間、正面1間向拝付き。又、社宝である神鏡銅製松喰鶴鏡(永仁3年:1295年に奉納)は国の重要美術品に指定されてます。祭神:国常立命。

田村大元神社:写真

田村大元神社
[ 付近地図: 福島県三春町 ]・[ 三春町:観光 ]・[ 福島県:神社 ]
田村大元神社 田村大元神社 田村大元神社 田村大元神社
田村大元神社 田村大元神社 田村大元神社 田村大元神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。