会津若松市: 福西本店

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)会津若松市・観光>福西本店

概要・歴史・観光・見所
福西本店(会津若松市)概要: 福西本店は福島県会津若松市中町に位置しています。福西家は蒲生氏の時代から鶴ヶ城の城下に居を構えた旧家で明治時代に入り会津銀行、電力会社など多くの会社を興した豪商でした。現在の建物は大正3年(1914)に建てられたもので土蔵2階建て切妻、瓦葺き、平入りで、1階部分は下屋として前に張り出しています。外壁は当時、白漆喰より贅沢だった黒漆喰で仕上げられ、隣接する袖蔵(土蔵2階建て、切妻、瓦葺き、妻入り)も同様な仕上げをしています。袖蔵まで黒漆喰が使われているは会津地方では極めて希で福西家の繁栄ぶりがわかります。背後にある炭蔵には戊辰戦争で新政府軍の一端を担った土佐藩士の落書きが残されています。福西本店は大正時代に建てられた町屋建築の遺構として貴重なことから平成9年(1997)に会津若松市歴史的景観指定建造物に指定されています。

福西本店:写真

福西本店
[ 付近地図: 福島県会津若松市 ]・[ 会津若松市 ]・[ 福島県:古民家 ]
福西本店 福西本店 福西本店 福西本店


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。