芦ノ牧温泉: 歴史・観光・見所

  ホーム福島県の温泉街>芦ノ牧温泉観光

概要・歴史・観光・見所
芦ノ牧温泉(会津若松市)概要: 芦ノ牧温泉は千数百年前、奈良時代の高僧として知られる行基菩薩が行脚で此の地を訪れた際、白く立ち上がる煙を見つけたのが始まりとされます。行基は湯屋を設けると、その効能を村人達に諭し多くの病人を救ったと伝えられています。行基菩薩は奈良時代の高僧で、当時、仏教が朝廷内の宗教で民衆に布教するのを禁じられていたなか、主に近畿地方に布教活動を行い、現在で謂う公共事業を展開し圧倒的な帰依を受けました。その為、朝廷から弾圧され一時苦渋を舐めましたが、行基菩薩の教えはとめどもなく広がり、朝廷も追認するしか無く、遂には行基菩薩を高僧として召還し奈良の大仏建立の責任者として抜擢されました。当時の交通事情や、1人の人間の行動限界などから行基菩薩が巡錫したのは近畿地方一円とされますが、全国には行基が開山した寺院や縁の土地が数多く、その殆どは信仰と高徳にあやかったものと推察されます。福島県内でも鳥追観音東山温泉など数多く存在しています。

又、芦ノ牧温泉の開湯伝説にはもう1つあり「弘法大師空海」が開いたとの説がります。弘法大師空海は平安時代初期の高僧で、行基菩薩同様に各地に縁の土地が存在しおおよそ1人では考えられない程多くの伝説が残り、芦ノ牧温泉の中の小谷の湯はその弘法大師空海が周辺住民の為に温泉場を整備したとの伝承が残っています。さらに、源義経が芦ノ牧温泉に訪れたとの伝承も残されていますが詳細は不詳。「芦ノ牧」の名称の由来は中世、会津地方を中心に南奥羽に一大勢力を築き上げた芦名家の「牧」から「芦名の牧」→「芦ノ牧」に転化したと推定されています。因みに当時の「牧」とは軍馬の育成場又は放牧場の事で、当然源泉も芦名家の知るところになったと思われます。その後は住民達によって守られてきましたが明治35年(1902)頃から温泉街として開発が始まり大型の温泉旅館が建ち並ぶようになりました。又、子宝を祈願してか、温泉街の一角には金精様(男根)を祀った金精神社が鎮座しています。

芦ノ牧温泉の泉質: ナトリウム・カルシウム−硫酸塩・塩化物温泉
芦ノ牧温泉の効能: 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔病、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
芦ノ牧温泉の泉質別効能: 動脈硬化症、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病

芦ノ牧温泉・町並み:写真

芦ノ牧温泉・町並み 芦ノ牧温泉・町並み 芦ノ牧温泉・町並み 芦ノ牧温泉・町並み 芦ノ牧温泉・町並み
芦ノ牧温泉・町並み 芦ノ牧温泉・町並み 芦ノ牧温泉・町並み 芦ノ牧温泉・町並み 芦ノ牧温泉・町並み

芦ノ牧温泉:周辺・見所

温泉神社
温泉神社
温泉神社
金精神社
金精神社
金精神社
出会い湯滝
出会いの湯滝
出会いの湯滝
不動尊
三日月不動尊
三日月不動尊
 
白
 


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。