東山温泉: 羽黒山湯上神社

  ホーム福島県の温泉街東山温泉(会津若松市):歴史・観光・見所>羽黒山湯上神社

概要・歴史・観光・見所
羽黒山湯上神社(東山温泉・会津若松市)概要: 羽黒山湯上神社の創建は奈良時代の天平年間(729〜749)、行基菩薩によって勧請されたのが始まりとされます。出羽三山(山形県鶴岡市)の羽黒神社(現在の出羽三山神社)とは密接な関係で、行基が羽黒山山頂で3本足のカラスに導かれ軍荼利、妙見、聖観音が出現した由来と、出羽三山の由来で峰子皇子(第32代崇峻天皇の皇子)が3本足の霊鳥に導かれ、羽黒権現、月山権現、湯殿山権現を勧請した事が類似し、同じ倉稲魂命を主祭神として祭っています。当初は神仏習合し、別当寺である東光寺が修験道の拠点として大きな影響力を持つようになり最盛期である室町時代には山内には300余りの院宇が軒を連ねていたと伝えられています。明治時代初頭に発令された神仏分離令とその後の廃仏毀釈運動により仏式が廃され羽黒山湯上神社となっています。8月には例祭の「さんげさんげ(出羽三山でも同様な神事が残され、私利私欲、煩悩を懺悔すると云われています。)」が大晦日から新年にかけては「元朝詣り(年越し蕎麦を食べてから参道1225段を登り初詣を行う行事)」が行われています。社宝である銅造聖観音薩立像は昭和35年(1960)に福島県指定文化財に参道にある2本のモミの木が平成16年(2004)に自然景観指定緑地にそれぞれ指定されています。羽黒山湯上神社拝殿は木造平屋建て、入母屋、銅板葺き、妻入、桁行6間、外壁は真壁造り板張り、「羽黒山」の扁額が掲げられています。長い参道には石仏や石碑が多く神仏習合の名残が見られます。

羽黒山湯上神社:写真

羽黒山湯上神社
[ 付近地図: 福島県会津若松市 ]・[ 会津若松市:歴史・観光 ]
羽黒山湯上神社 羽黒山湯上神社 羽黒山湯上神社 羽黒山湯上神社 羽黒山湯上神社
羽黒山湯上神社 羽黒山湯上神社 羽黒山湯上神社 羽黒山湯上神社 羽黒山湯上神社
羽黒山湯上神社 羽黒山湯上神社 羽黒山湯上神社 羽黒山湯上神社 羽黒山湯上神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。