古殿八幡神社

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)古殿町・観光>古殿八幡神社

概要・歴史・観光・見所
古殿八幡神社概要: 古殿八幡神社は福島県石川郡古殿町大字山上字古殿に鎮座している神社で、創建は平安時代後期とされます。伝承によると康平5年(1062)に源頼義、義家父子が前九年合戦(奥州全域で俘囚長の安倍氏が朝廷に対して反乱を起し、鎮守府将軍に就任した源頼義が鎮圧した。)の折、苦戦を強いられこの地まで一時撤退し、京都の男山八幡(現在の岩清水八幡宮:京都府八幡市)に戦勝祈願したところ、見事念願成就したことから八幡神に感謝し康平7年(1064)に分霊を勧請し社殿を造営したと伝えられています(現存する最古の軒札は康平7年ですが、由来に因み後年に製作されたものと推察されています)。以来、竹貫郷13カ村の総鎮守として近隣からの信仰が篤く、歴代領主の崇敬社となり社地の寄進や社殿の造営などが行われ、特に建久5年(1194)には源頼朝により竹貫郷領主に命じらた福田三郎広成の後裔は地名に因み竹貫氏を称し、八幡宮の別当として祭祀を司りました。又、同年には頼朝から社領が寄進され、それを記念して例祭で流鏑馬・笠懸を奉納し、現在まで神事として続けられています。室町時代後期の天文年間(1532〜1555年)、落雷により社殿が焼失し記録や社宝などが焼失しましたが、当時の領主(別当)だった竹貫氏が天文20年(1551)に再興されました。竹貫氏が領主から没落した後も別当として祭祀を司り、その後に領主となった岩城氏や大関氏、大田原氏などが庇護し社領の安堵が行われています。江戸時代に入ると歴代棚倉藩(藩庁:棚倉城)の藩主が庇護し寛永6年(1629)には内藤豊前守が社殿の造営を行い、例祭には代参を派遣し参拝を怠らなかったとされます。古くから神仏習合し別当寺院として大善院(竹貫家)が祭祀を司り「八幡大菩薩」と称してきましたが明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏式が排され社号も八幡神社に改められ郷社に列しています。

境内は大きな狛犬を過ぎると神仏混合の名残が残る神社山門があり内部には随神が祀られています。古殿八幡神社本殿は寛永8年(1631)に建てられた古建築物で、一間社流造、木羽葺きとなっています。建築年代から江戸時代初期の桃山建築の要素を含んでいて、懸魚や鼻隠し、蟇股の彫刻などに特徴が表れています。境内社である若宮社本殿も同時期に建てられたもので同様な形式が見られました。例祭である笠懸・流鏑馬は古式を伝える神事として貴重な事から平成7年(1995)に福島県指定重要無形民俗文化財に指定されています。祭神:誉田別命。

古殿八幡神社:写真

古殿八幡神社
[ 付近地図: 福島県古殿町 ]・[ 古殿町:観光 ]・[ 福島県:神社 ]
古殿八幡神社 古殿八幡神社 古殿八幡神社 古殿八幡神社
古殿八幡神社 古殿八幡神社 古殿八幡神社 古殿八幡神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。