鮫川村: 旧赤坂家長屋門

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)福島県:古民家>旧赤坂家長屋門

概要・歴史・観光・見所
旧赤坂家長屋門(鮫川村)概要: 案内板によると「この長屋門は、代々渡瀬村の名主をつとめ渡瀬村救荒修祭記碑をたてた赤坂氏によって建てられたものである。倉も旧赤坂家時代のものである。長屋門がいつの時代に建てられたのかは不詳であるが、観音寺修復のときの棟札が同家に残っており、それに貞享3年(1686)と記されていることなどからそれ以前に建てられたものであると推定される。渡瀬村救荒修祭記碑もかつてはこの屋敷内にあり、昭和11年12月1日、赤坂家21代赤坂儀作氏により渡瀬区に寄贈された。 鮫川村教育委員会」とあります。旧赤坂家長屋門は切妻、鉄板葺、せがい造、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ、腰壁は板張り、正面窓上の小庇はむくり付、江戸時代前期に建てられた長屋門建築の遺構として貴重なことから昭和60年(1985)に鮫川村指定有形文化財に指定されています。

旧赤坂家長屋門:写真

旧赤坂家長屋門
[ 付近地図: 福島県鮫川村 ]・[ 福島県:古民家 ]
旧赤坂家長屋門 旧赤坂家長屋門 旧赤坂家長屋門 旧赤坂家長屋門


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。