喜多方市: 願成寺

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)喜多方市・観光>願成寺

概要・歴史・観光・見所
願成寺(喜多方市)概要: 叶山願成寺は福島県喜多方市上三宮町上三宮籬山に境内を構えている浄土宗の寺院です。願成寺の創建は鎌倉時代初期の嘉禄3年(1227)に佐原十郎義連の庇護の下で実成和尚(法然上人の高弟の隆寛律師の高弟)によって開かれたのが始まりとされ、師である隆寛律師の遺骨を迎え開山としたと伝えられています。慶長16年(1611)の慶長三陸地震で大きな被害を受け一時衰退しますが寛文5年(1665)に行誉和尚が中興の祖となり現在地に堂宇を再建、京都知恩院の末寺となり、東北地方での浄土宗の得度式を願成寺で行うことなり寺運が興隆します。会津藩(藩庁:鶴ヶ城)の藩主松平家は神道だった為、基本的に寺院に大きな庇護をしませんでしたが、願成寺には特別な配慮がなされたとされます(初代保科正之・2代保科正経・3代松平正容が大檀那となり庇護した)。会津大仏の別名を持つ丈六の阿弥陀如来座像(像高2.35.5m、寄木造)と両脇侍坐像(観音菩薩像:像高1.3m、寄木造・勢至菩薩像:像高1.285m、寄木造)は平安末期から鎌倉初期の作と推定され、東北地方では珍しい来迎三尊像の仏像形式のことから三尊とも昭和4年(1929)に国指定重要文化財(旧国宝)に指定されています。

願成寺正面の山門は元禄元年(1697)に建てられた古建築物で入母屋、銅板葺き三間一戸の楼門形式で上層部に格子戸や連子窓があるのが特徴の1つで蟇股には十二支など彫刻が施されています。願成寺山門と同年代に建てられたとされる大仏堂は旧阿弥陀堂で寄棟、鉄板葺、桁行5間、正面1間向拝、特に内陣天井に描かれた飛天女は見事とされます。本堂は寛文5年(1665)に建てられたもので、木造平屋建、寄棟、平入、鉄板葺き、桁行6間、正面1間唐破風向拝付き。願成寺の本堂、旧阿弥陀堂、山門(楼門)は江戸時代の寺院建築の遺構としいぇ貴重な事から平成22年(2010)に福島県指定文化財に指定されています。寺宝である木造行道面(2面が鎌倉時代作・4面が室町時代作)が喜多方市指定文化財に指定されています。会津地蔵札所番外札所。会津十二支守り本尊(辰・巳の守り本尊:普賢菩薩・午の守り本尊:勢至菩薩)。山号:叶山。院号:三寶院。宗派:浄土宗(多念義派の本山)。本尊:阿弥陀如来。

願成寺:写真

願成寺
[ 付近地図: 福島県喜多方市 ]・[ 喜多方市:観光 ]・[ 福島県:寺院 ]
願成寺 願成寺 願成寺 願成寺
願成寺 願成寺 願成寺 願成寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。