喜多方市: 甲斐家住宅

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)喜多方市・観光>甲斐家住宅

概要・歴史・観光・見所
甲斐家住宅(喜多方市)概要: 甲斐家住宅は福島県喜多方市字に位置する町屋建築です。甲斐家住宅店蔵(主屋)は大正12年(1923)に建てられたもので土造2階建、切妻、桟瓦葺、土蔵造、黒漆喰仕上げ、建築面積103u。窓扉も土蔵で、外側が銅板で囲われ防火の工夫が見られます。甲斐家や酒造業や味噌醤油の醸造業を営む豪商で敷地も広く建物も意匠に優れ、時代背景から洋風的な部分も一部みられ、「再現することが容易でないもの」との登録基準を満たしている事から、平成13年(2001)に国登録有形文化財に登録されています。醤油蔵は大正12年(1923)に建てられたもので、土造平屋建、切妻、桟瓦葺、建築面積281u、大正時代に建てられた大型土造建築の遺構として貴重で「再現することが容易でないもの」との登録基準を満たしていることから平成13年(2001)に国登録有形文化財に登録されています。座敷蔵は大正12年(1923)に建てられたもので、土造2階建、切妻、桟瓦葺、黒漆喰仕上、建築面積169u、内部は1階が上段の間(21畳)、次の間(18畳)、2階が物置で、1階は座敷として銘木が随所に使用され床の間などの意匠が優れ、「造形の規範となっているもの」との登録基準を満たしている事から平成13年(2001)に国登録有形文化財に登録されています。

甲斐家住宅:写真

甲斐家住宅
[ 付近地図: 福島県喜多方市 ]・[ 喜多方市:観光 ]・[ 福島県:寺院 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。