喜多方市: 綾金観音

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)喜多方市・観光>綾金観音

概要・歴史・観光・見所
綾金観音(喜多方市)概要: 綾金観音は福島県喜多方市豊川町綾金綾金観音(喜多方市)に境内を構えている観音堂に安置され、長流山金泉寺(曹洞宗)により管理されています。観音堂は鎌倉時代末期の元弘元年(1331)に葦名家5代当主芦名盛宗によって造営されたと伝えられています。盛宗は永仁2年(1294)に黒川諏方神社(会津大鎮守六社:福島県会津若松市本町)を創建してる事から積極的に領内整備を行っていた事が窺えます。金泉寺は芦名氏の庇護もあり最盛期には20余の僧房を擁する大寺院として寺運も隆盛しましたが、天正年間(1573〜1593年)の兵火(天正18年:1589年の摺上原の戦いと思われます)により多くの堂宇、記録、寺宝などが焼失、庇護者だった芦名氏も伊達政宗に追われ常陸国(現在の茨城県)に逃れた事から衰微しました。江戸時代初期の寛文年間(1661〜1672年)に石伝和尚が再興し現在に至っています。綾金観音堂は、木造平屋建て、寄棟、鉄板葺き、平入、桁行2間、張間2間、正面1間向拝付き、外壁は真壁造り板張り。境内には子育薬師堂と飯豊山参道開拓者南海上人之碑が建立されています。会津三十三観音霊場第3番札所(札所本尊:十一面観世音・御詠歌:露の身の夢幻の世の中に 身を綾金といで祈るらん)。

綾金観音:写真

綾金観音
[ 付近地図: 福島県喜多方市 ]・[ 喜多方市:歴史・観光・見所 ]
綾金観音 綾金観音 綾金観音 綾金観音


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。